京都市伏見区の歯医者「仁科歯科医院」 TOP > 医院機器ご紹介

医院機器ご紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

ダイヤグノデント

ダイヤグノデント特定の波長のパルスライトが歯に照射され、その投射したパルスライトが歯の組織の変化を感じ、異なった波長の蛍光ライトが発せられます。 蛍光ライトを機械が読み取って虫歯の進行度を数値で表示するのが、虫歯診断装置ダイアグノデント(歯面状態認識装置)です。

 

歯科用双眼ルーペ

歯科用双眼ルーペハイネ社の双眼ルーペは、レンズに特徴があり明るく広い視野径と、深い焦点深度を確保することを可能にしました。

視軸と極めて同軸の光を口腔内に照射するLEDルーペライトや、5万ルクスというハイレベルな光量を誇るので、肉眼では見にくい所まで、双眼ルーペを使うことにより精密な治療をご提供できます。

 

デジタルレントゲン

歯科用双眼ルーペデジタルレントゲンは、従来のフィルム型のレントゲンに比べ、被曝量が少なく環境にもやさしいです。

 

細菌カウンタ

細菌カウンタお口の中には数百種類の細菌が棲み着いています。その中にいる虫歯や歯周病の原因菌の数が多ければ、それだけ病気にかかりやすいと言えるでしょう。

細菌カウンタは、採取した唾液に含まれる細菌をもとに、お口全体の細菌数を測定する装置です。口腔内のケアがどれだけされているのかなどを調べられます。 特別な薬剤などは一切使用せず、わずか1分でお口の中の細菌数を測定できます。お口の中の衛生環境は、自分自身ではなかなか判断できないもの。細菌カウンタを使用すれば、お口の中の状況が数値として確認できるため、より効果的な治療に繋げることができます。

 

光殺菌(PDT)

光殺菌(PDT)タ

薬を使用せず特殊な光による殺菌を行います。治療による痛みがないほか、副作用も起こりにくく、身体に負担がほとんどかかりません。わずか2ステップの施術で、歯周ポケット内の病原菌を破壊し、健康な状態に回復させることができます。薬を使用しないため、抗生物質などが使えない方でも受けられます。

【メリット】
・薬を一切使用せずに治療できる
・副作用が起こりにくい
・治療に痛みが伴わない
・何度でも手軽に処置を受けられる

 

>詳しくはこちら

 

ISIシステム

ISIシステム

ISIシステムは、歯科治療後のお口の状態をコンピュータ上でシミュレーションできるシステムです。治療を途中で放置した場合の進行状況の予測ができます。
当院では、歯周病で自宅ケアの状態が悪い場合の予測として使用しています。

 

オゾンオーラルイリゲーター

オゾンオーラルイリゲーター

当院では、院内感染の防止や治療後の治癒促進、各種予防処置や口腔ケアのため、オゾン水生成装置「オゾンオーラルイリゲーター」を導入しています。オゾンオーラルイリゲーターで生成されるオゾン水は、抜歯などの手術時に使えば止血を促進する効果があります。また、優れた除菌力・殺菌力があるため、術後の感染予防にも効果的です。もちろん、患者様のうがいにも使いますし、口臭の予防・改善にも効果が期待できます。オゾンオーラルイリゲーターで生成されるオゾン水には、添加物や薬物は一切含まれておりません。作用後は酸素に変わる、人にも環境にもやさしい水です。

 

オゾンジェル

当院では、歯周病治療やホワイトニングの施術に、1,000ppmのオゾンをグリセリンに封入した「オゾンジェル」を活用しています。オゾンジェルは殺菌効果や治癒促進効果に優れ、歯周病治療や虫歯治療に一定の効果が認められています。ホワイトニングに活用するメリットも大きく、他のホワイトニング剤と異なり、健康な歯ぐきにダメージを与えず、知覚過敏を起こすこともほとんどありません。極めて安全性の高いジェルなので、安心して白い歯を手に入れていただけます。また、皮膚のヒアルロン酸を活性化させることで、血液循環の改善も期待されます。

 

光学的歯石歯垢検出器 OTPD

お口の状態が一目瞭然!OTPDは、虫歯も歯周病も歯ぐきの状態も色で分かる光学的歯石歯垢検出器です。

光学的歯石歯垢検出器 OTPD

光学的歯石歯垢検出器「OTPD」は、従来の口腔内カメラの機能に加え、「ペリオモード」と「カリオモード」を搭載しているの が最大の特徴。このペリオモードとカリオモードによって、患者様の歯やお口の状態を「色」でビジュアル化できるようになりました。プラーク・歯石の付着状 況から歯周病リスクが分かるだけではなく、虫歯の観察機能も併せ持ち、さらに歯ぐきの炎症状態までも画像で表現されます。説得力抜群の画像データを通して 口腔内の診断結果をドクターと患者様が共有することで、理想的な治療結果へとつなげていきます。

OTPDについて

 

PerioCam-J

光学的歯石歯垢検出器 OTPD

PerioCam-Jは最新型の位相差顕微鏡です。位相差顕微鏡は患者様のプラークのなかに潜む細菌を確認できる顕微鏡。プラーク中の細菌を診査し、その細菌の状態に応じて的確な治療計画を立案します。特に歯周病を発症・進行させる細菌の把握に効果的で、歯周病の予防・メインテナンスには欠かせない機器だと言えます。患者様もユニットでご自身の細菌の様子をご覧いただけ、治療によって細菌が減少していくことを実感できます。

PerioCam-Jについて

 

治療説明アプリ

治療説明アプリ

患者様に、わかりやすく治療について理解していただき、アプリを通じて患者様とのコミュニケーションも深められたらいいなと考えて、治療説明アプリを導入いたしました。

アプリでできること

治療全体の流れがわかり、ご自身が今どこの治療段階にいるのかを、視覚的に理解していただけます。

分かりにくい治療の流れを、前もって視覚的にご説明することで患者様自身の安心にもつながるのではないかと考えています。

 

 

ご相談・お問い合わせはこちら

診療予約はこちら

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

 google+

 

TO PAGE TOP

WEB診療予約※初診の方専用

このページの先頭へ