詰め物が取れた!歯医者が怖いから我慢??

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

こんばんは

京都市伏見区桃山南口の仁科歯科医院の仁科真吾です

詰め物が取れたでも痛くない!、物が挟まるが歯医者は怖いので我慢する、

歯を磨いていればもしかしたら治るんじゃないか?

フッ素入りのガムを噛んでいるから進行しないんじゃないか?

本当にそうなんでしょうか?

一体しみる、痛みがない、痛い、どんなことが歯の中で起こっているのでしょう?

1、痛くない場合

これは比較的に浅い欠損、もしくは神経がないのではないでしょうか?

浅い虫歯ーこれは神経までの距離があるので何も症状がないことがありますまた神経がない場合すぐに痛みが出ないことがあります

放置した場合この二つのケースについて考えていきましょう

1、浅い穴の場合ー虫歯は自然治癒がないため確実に進行します

銀歯が取れた場合多くのケースでは象牙質が露出しています

象牙質には5ミクロンの小さな穴が空いていますのでばい菌が神経に悪さをすると神経が侵されてしまいます

まずは冷たいものがしみる、その後熱いものがしみる、その後ズキズキするーしばらくすると治る、ズキズキして夜もねれなくなるといった経路をたどります

2、神経がない場合

病気、ばい菌が根の先にまで行くまで痛み、症状が起こらないことが多いです

しかし!これが症状を起こすとものすごく腫れたり、耐え難い痛みが襲います

感じ的には歯茎の下から何か歯が浮くような感じ、ズッキンズッキン心臓が鼓動するのと同じ痛みが起こります

こうなると何をしても痛いです

冷やすと少しマシですがー氷を口の中に入れておくなど

もはやほっぺたを冷やすだけではダメですね

2、詰め物が取れてしみる場合

これは象牙質が間違いなく露出し神経までの距離が比較的近い状態です

物が詰まるけれど歯磨きしておけば治るんじゃないか?

治りません!

近いうちに神経にばい菌が感染し先ほどお話しした状態になることが予想されます

歯医者について多くの方が怖い、嫌いな方が多いのですがだからと言って我慢すれば治るというものではないのです

詰め直しで終わっていたはずのことが我慢すればするほど大きな治療をしなければならないといけなくなります

もっと言えば抜歯になってしまうこともありうるのです….

なんでもそうですが

テストがあるけれど勉強が嫌だからと言って対策をしておかないとテスト前日に勉強しても結果は明らかですよね

もしかしたらテストは山がたまたま当たることもありますが…

身につきませんよね

日常起きていることと同じではなかろうか…そんなことを考えながらこのブログを書いています

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。