銀歯になりたくない方!あまり歯を削りたくない方!へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
スクリーンショット 2016-05-26 23.13.27

こんばんは

京都市伏見区桃山南口の仁科歯科医院の仁科真吾です

□あんまり歯を削りたくないなあ

□銀歯になるのかなあ?

□虫歯を削った後舌で触ったら思ったより大きな穴が

こんな経験をされている方はいらっしゃりませんか?

このような方へ

まずはこの動画をみてください

1、即日で治療が終わる

2、あまり歯を削らなくても良い

これは型をもらって詰め物を作るためには並行にしないと詰め物が入りません

このため健全な部分を削って詰め物が入るようなボックス型の穴にしなければならなかったのですが

このグラディアダイレクトという材料は型をもらう必要がないためこの健全な部分を削らなくても良いのです

3、銀歯にしなくてもいいケースが増えた

通常奥歯の噛み合わせの部分はすり減るため樹脂では耐久性がなかったのです

このため銀の詰め物になることが大半だったのですが

この材料はハイブリッドセラミックスという材料でセラミックの素材を含んでいますので強度が強くなっています

このため銀歯にしなくてもよくなったのです

虫歯に対する抵抗性はエナメル質があったほうが良いのはみなさん知っておられますよね

エナメル質は人間の体の中でもっとも硬い部分です

このエナメル質が虫歯を防いでいるのです

また噛んでも痛いということがないのです

歯の寿命をのばすにはできるだけ歯を削らない治療が望ましいという考えからMIミニマムインタベーションという考えが近年言われているのです

ウォーターレーザー、アクアカットクアトロ、などもこのMIに即した治療器と言えるのです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。