あってる?間違ってる?あなたの歯磨き粉選び!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

こんにちは京都市伏見区桃山南口の仁科歯科医院の仁科真吾です

歯磨き粉いろんなものがいろんなメーカーから出ています

あなたは、ん〜これが安いからこれでいいや!

とか有名な女優さんが出ているコマーシャルでよく知っているからこれでいいや!

そんな買い方をしていませんか?

実は歯磨き粉の成分はその用途によって様々です

つまり!今あなたが使っているものは目的にあっていないかもしれません

つまり歯周病予防?口臭予防?虫歯予防?なのかもう一度考える必要があるのです

そこで今回一般的にどのような成分が入っているのかをまず見てみましょう

そして本当にあなたが必要なものを自分で選べるように…..

歯磨き粉の成分とその役割

1、潤滑剤

成分ーグリセリン、ソルビトトールなど

作用ー湿り気を与える作用をしています

2、研磨剤、清掃剤

成分ー無水ケイ酸、炭酸カルシュウム

作用ー汚れを落とす役割をしています

3、発泡剤

成分ーラウリル硫酸ナトリュウム

作用ー汚れを落としやすくする

4、香味剤

成分ーサッカリンナトリュウム、メントール、ミントなど

作用ー爽快感を与える

5、粘結剤

成分ーカルボキシメチルセルロースナトリュウム、アルギン酸ナトリュウム、カラギーナンなど

作用ー成分の分離を防ぐ

※アルギン酸ナトリュウムは歯の型を取るときの成分でもあり海藻から作られています

6、薬用成分

成分ーフッ化ナトリュウム、イソプロピルメチルフェノール、トラネキサム酸、デキストラナーゼなど

作用ー疾患の予防

大きくここでは疾患の予防と書きましたがフッ化ナトリュウムは虫歯予防のものに配合されています

選ぶ基準は?

様々な歯磨き粉が販売されているのですが

1、虫歯を予防したいのですか?

2、歯周病を予防したいのですか?

3、歯を強化したいのですか?

4、歯茎の腫れを弾かしたいのですか?

5、歯を白くしたいのですか?

6、口臭を防ぎたい?

などの目的によって変わってきます

1、3、についてはフッ素が入っているものが有効かもしれません

おすすめオーラルグッズをご参考にしてください

2、4については歯周病原因菌を殺菌できるものが良いと思います

歯周病に有効な歯磨き粉の特徴と使用方法をご参考にしてください

さらに歯周病で破壊された歯茎を回復させる必要がありますので回復系も同時に使ったほうが良いのです

5、歯を白くしたいものに関しては汚れ、着色を剥がすものが得意な歯磨き粉が有効でしょうー歯を白くする歯磨き粉6選!をご参考にしてください!

6、口臭を防ぐもの

口臭は歯周病原因菌が出すガスが原因のものが最も多いです

つまり歯周病原因菌を殺菌するものが良いのです

それ以外は内科疾患のもの、自臭症というものがありますが

一度ちゃんと検査する必要があるはずです

現在最も精度の良い口臭検査装置はオーラルクローマーという機械です

 

あなたはどの目的で歯磨きを選んでいますか?

おそらく今まではなんとなく買っておられたことが多かったはずです

今日からしっかりと自分のお口の状態を考えしっかりと選んで見られては如何でしょう?

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。