京都市伏見区の歯医者 仁科歯科医院 > 仁科歯科医院ブログ > あなたの知らない世界ー口臭の本体

仁科歯科医院ブログ

rss RSSリーダーで購読する

あなたの知らない世界ー口臭の本体

こんばんは

京都市伏見区桃山南口の仁科歯科医院の仁科真吾です

口臭の90パーセントは歯周病によるものと以前もブログに書きました

硫化水素

メチルメルカプタン

これらのガスが高い数値にあるということは歯周病に罹患していることを意味します

そして歯周病の本体は歯石ではなく歯周病菌の数であることを知って欲しいものです。

今回は硫化水素がなぜ出てくるのか?についてお話しします

お口の中には粘膜の剥離したもの、血液の成分、清掃不良の磨き残しがあります

これはタンパク質と考えてください

これを分解してガスが初めて出るんです

ということは分解できる酵素を持つ歯周病菌に罹患していることを意味します。

え!歯周病菌って一種類じゃないの?

そうです!

かなりたくさんの種類がいます

全てが協力体制で生息します

かと言って

全てがいるわけではありません

感染しているものによります

毒性が強いもの、弱いもの、女性ホルモンが大好きなもの、たくさんいますので感染の菌種により症状が異なります

感染経路は唾液です

つまり

家族感染ー口移し、お箸の使い回し、回しのみなど

保菌者との接触ーキス、回しのみ、回したべなど

さて感染経路はこのあたりにして

ガスを産生出来る能力を持つ歯周病菌

トレポネーマーデンティコラー特徴螺旋状のバイキン!歯周病が進んだ状態でよく発見される、白結球の攻撃から逃れる能力を持つ

ポルフィロモナスジンジバーリスー炎症を起こしやすい強い毒性を持つ急速に歯周病が進行する

プレボテラインターメディアー女性ホルモンを好物とする、妊娠性歯肉炎、歯周炎を引き起こす、また思春期の歯肉炎、歯周炎を引き起こす

なぜなら妊娠中、思春期は女性ホルモンの変化が起こるためです。

妊娠中口臭が強くなる、また月経の時に口臭が強くなるのはこのためかと思います。

また男性の場合ー単純に歯周病が進行していることが多いです

20代でも中期歯周病ー歯を支える骨が半分溶けていることも見受けられます

女性の場合も年齢は関係なく中期歯周病の場合口臭が強くなることが多いです

数値で言えば当医院で1200というガス数値を超えている場合が多いように見受けられます。

今回硫化水素についてお話ししました

歯を磨くー歯だけ磨くのではなく歯と歯茎の境目を磨くこと、舌を磨くことがまずは初歩の初歩です

 

 

初診の方専用 診療予約はこちら 初診の方専用 診療予約はこちら

カテゴリー:

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

2019-11-11 00:21

<<   仁科歯科医院ブログに戻る   >>

 

仁科歯科医院ブログ
仁科歯科医院の院長:仁科真吾が六地蔵、山科、宇治市、八幡市、京都市の方々に歯や予防の大切さを知ってもらうために書いている歯に関する様々なブログです。

仁科歯科医院 院長 仁科真吾仁科歯科医院
院長 仁科真吾

誕生日 - 7月12日
血液型 - A型
出身地- 京都市
好きな食べ物 - オムライス、ハンバーグ
趣味 - アロマ、写真

〒612-8018 
京都府京都市伏見区桃山町丹後10-4
TEL075-601-2675 / FAX075-601-2675

下記をモットーに日々の診療に取り組んでいます。

1. 何でも話せる楽しい歯科
2. 最先端の治療を提供し続ける歯科
3. どんなときも患者さんに寄り添っていく歯科
4. 予防を徹底する歯科
5. 治療を通して全身の健康を維持・向上させる歯科

- ピックアップ -

仁科歯科医院ホームページTOP
口臭専門サイト
歯医者のはてな?コラム
仁科歯科医院 エキテン
仁科歯科医院Google+
仁科歯科医院 YouTube

ご相談・お問い合わせはこちら

診療予約はこちら


TO PAGE TOP

WEB診療予約※初診の方専用

このページの先頭へ