京都市伏見区の歯医者 仁科歯科医院 > 仁科歯科医院ブログ > なぜ歯周病で歯が抜けるのか

仁科歯科医院ブログ

rss RSSリーダーで購読する

なぜ歯周病で歯が抜けるのか

こんにちは

京都市伏見区桃山南口の仁科歯科医院の仁科真吾です

 

歯が抜けそうなぐらい歯が揺れてきた

左右、上下に歯が揺れる

歯を抑えながら歯磨きをしている

歯と歯の隙間が大きくなりすぎて普通の歯ブラシでは磨けない!

 

こんな状態だけど歯医者に行くのは怖いなあ〜

 

そう思っておられる方多分おられます

 

歯科それは多分怖い場所

 

僕は意識的に何か話しながら治療することが多いです

ちょっと古いお笑いのネタ、自虐ネタ…

など使います

実はふざけてるんじゃあないんですよ

怖くないようにするために…

一応気を使ってます

そして痛くないように麻酔、治療器具すごく気を使ってます

表面麻酔ーこれは非常に重要ですね

自分で一回使ってみますね

よー効くわー

そう思うものを現在めっちゃおすすめしてます

さておき

歯が揺れた、噛めない

抜歯か?

そこまでいくと治療の選択肢は2つです

抜歯か、もしくは延命か?

じゃあなんでこんなことになるのか?

その理由を書いていきますね

歯を支えているのは何?でしょうとお聞きすると

歯茎!!そうおっしゃられる方が多いです

実は違うんです

歯槽骨と呼ばれる骨で歯は支えられています

この骨を溶かす病気が歯周病です

症状で

歯が長くなった!と思われる方おられると思います

しかし実際に歯が長くなったわけではなく

歯を支えている骨が溶けて歯茎が下がり

歯が長くなったような感じになるのです

またこの状態になると歯がしみたりしてきます

そう虫歯の初期の症状と同じように

そしてこの歯周病で溶けた骨は治療しても回復しません

そして症状が出ない、出にくい

歯茎が浮いた状態でもしばらくしたらおさまる

実はおさまってません、

症状がなくなっただけで実は

水面下でじわじわ巣食っています

もしかしたらあなたの歯茎の中でも彼らは増える機会を虎視眈々と狙っているかもしれませんよ

 

fullsizeoutput_205

 

初診の方専用 診療予約はこちら 初診の方専用 診療予約はこちら

カテゴリー:

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

2017-12-07 15:36

<<   仁科歯科医院ブログに戻る   >>

 

仁科歯科医院ブログ
仁科歯科医院の院長:仁科真吾が六地蔵、山科、宇治市、八幡市、京都市の方々に歯や予防の大切さを知ってもらうために書いている歯に関する様々なブログです。

仁科歯科医院 院長 仁科真吾仁科歯科医院
院長 仁科真吾

誕生日 - 7月12日
血液型 - A型
出身地- 京都市
好きな食べ物 - オムライス、ハンバーグ
趣味 - アロマ、写真

〒612-8018 
京都府京都市伏見区桃山町丹後10-4
TEL075-601-2675 / FAX075-601-2675

下記をモットーに日々の診療に取り組んでいます。

1. 何でも話せる楽しい歯科
2. 最先端の治療を提供し続ける歯科
3. どんなときも患者さんに寄り添っていく歯科
4. 予防を徹底する歯科
5. 治療を通して全身の健康を維持・向上させる歯科

- ピックアップ -

仁科歯科医院ホームページTOP
口臭専門サイト
歯医者のはてな?コラム
仁科歯科医院 エキテン
仁科歯科医院Google+
仁科歯科医院 YouTube

ご相談・お問い合わせはこちら

診療予約はこちら


TO PAGE TOP

WEB診療予約※初診の方専用

このページの先頭へ