京都市伏見区の歯医者 仁科歯科医院 > 仁科歯科医院ブログ > なぜ歯周病は起きるのか

仁科歯科医院ブログ

rss RSSリーダーで購読する

なぜ歯周病は起きるのか

こんにちは

京都市伏見区桃山南口の仁科歯科医院の仁科真吾です

 

最近硬いものを噛むと歯が痛い

口の中が粘つく

口臭がするようになって妻から言われるようないなった

最近歯茎が腫れぼったいなあ

歯茎が下がってきたような気がする

歯茎がいろんなところが腫れてしまうようになったなあー疲れているんだろうか?

見た目虫歯がないのに歯がしみる

 

こんな症状が出ている場合

もしかしたら歯周病ですね

 

言い切りますが…

じゃあ歯周病はどこから来るの?

なんで歯周病になるの?

年齢のせい?

いえいえ違うんです

歯周病は歯周病の原因になる菌がいるんです

じゃあそれはどこから来るの?

食べ物?

いえいえ違います

実は歯周病はあなたの近くの方から感染するんです

つまり

唾液を介して伝染るんです

お父さん、お母さんから

恋人から

そして子供へ

症状が出るのに時間がかかりますので誰から感染したなんてわからないんです

最近何か歯茎、歯に症状が出たからって言って最近に何かが起こっているわけじゃないんです

じわじわ

水面下で、彼らは見つからないように基地を作り、

体の中の免疫という警察官に逮捕されないように

※歯周病菌には免疫で倒せないものもいます

スピロヘーターという歯周病菌は免疫という警察官と同じサインを出すので白血球から逃れます

歯周病の原因になるばい菌はたくさんの種類がいます

人によってはAという歯周病菌とBというものそして Cに感染している人もいれば

CとFとGというばい菌に感染している人もいます

つまり進行スピードも、症状が出る状態も違うんです

なので歯周病って聞くとある一定のばい菌かな?って思われるでしょうが実は違うんです

だから治療も難しいんです

そして

これらのばい菌をゼロにすることは現在では不可能です

しかしコントロールすることはできます

つまり進行を遅らせることはできます

だから早期発見、早期治療、定期検診が重要なんですよ

fullsizeoutput_205

 

初診の方専用 診療予約はこちら 初診の方専用 診療予約はこちら

カテゴリー:

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

2017-12-07 15:34

<<   仁科歯科医院ブログに戻る   >>

 

仁科歯科医院ブログ
仁科歯科医院の院長:仁科真吾が六地蔵、山科、宇治市、八幡市、京都市の方々に歯や予防の大切さを知ってもらうために書いている歯に関する様々なブログです。

仁科歯科医院 院長 仁科真吾仁科歯科医院
院長 仁科真吾

誕生日 - 7月12日
血液型 - A型
出身地- 京都市
好きな食べ物 - オムライス、ハンバーグ
趣味 - アロマ、写真

〒612-8018 
京都府京都市伏見区桃山町丹後10-4
TEL075-601-2675 / FAX075-601-2675

下記をモットーに日々の診療に取り組んでいます。

1. 何でも話せる楽しい歯科
2. 最先端の治療を提供し続ける歯科
3. どんなときも患者さんに寄り添っていく歯科
4. 予防を徹底する歯科
5. 治療を通して全身の健康を維持・向上させる歯科

- ピックアップ -

仁科歯科医院ホームページTOP
口臭専門サイト
歯医者のはてな?コラム
仁科歯科医院 エキテン
仁科歯科医院Google+
仁科歯科医院 YouTube

ご相談・お問い合わせはこちら

診療予約はこちら


TO PAGE TOP

WEB診療予約※初診の方専用

このページの先頭へ