京都市伏見区の歯医者 仁科歯科医院 > 仁科歯科医院ブログ > ドライマウスによって起こる症状

仁科歯科医院ブログ

rss RSSリーダーで購読する

ドライマウスによって起こる症状

こんばんは

京都市伏見区桃山南口の仁科歯科医院の仁科真吾です

今日からドライマウスの本丸に関してお話ししていきます

ドライマウスになるとどのような症状が起こるか?

まずは列挙しますね

1、う蝕ー虫歯

2、歯周病

3、義歯不適合

4、味覚異常

5、食べる機能の低下

6、微生物の感染症

まずはそれぞれ見ていくことにしましょう!

1、う蝕ー虫歯

これは食べ物のカスや磨き残しだけで起こるわけではないんです。

ドライマウスによって虫歯の発生率が高くなります。

唾液の機能についてブログに書きましたが

中和作用というものがあったと思います

口の中のphを中性に保つ役割、食べ物を食べた後の微生物の増殖を抑える役割もあるんですね

つまり唾液の量が少なくなると虫歯菌が増えやすくなり、

虫歯菌が出す酸がエナメル質を脱灰ー歯を溶かすことーして虫歯になりやすくなります

小さな歯の傷に対して唾液に含まれる成分で再石灰化が行われ修復します。

唾液の量が不十分な場合、

歯が摩耗しやすくなり外傷的な力を受けた歯のエナメル質、象牙質も失われやすくなります。

これは突発的な外傷だけではなく

歯頚部ー歯と歯茎の境目の部分ー歯ブラシによる摩耗もあります。

また詰め物と歯の境目も虫歯になりやすくなります。

本日はドライマウスと虫歯についてブログを書きました

次回はドライマウスと歯周病について書いていきますね

 

 

初診の方専用 診療予約はこちら 初診の方専用 診療予約はこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

2019-02-27 00:44

<<   仁科歯科医院ブログに戻る   >>

 

仁科歯科医院ブログ
仁科歯科医院の院長:仁科真吾が六地蔵、山科、宇治市、八幡市、京都市の方々に歯や予防の大切さを知ってもらうために書いている歯に関する様々なブログです。

仁科歯科医院 院長 仁科真吾仁科歯科医院
院長 仁科真吾

誕生日 - 7月12日
血液型 - A型
出身地- 京都市
好きな食べ物 - オムライス、ハンバーグ
趣味 - アロマ、写真

〒612-8018 
京都府京都市伏見区桃山町丹後10-4
TEL075-601-2675 / FAX075-601-2675

下記をモットーに日々の診療に取り組んでいます。

1. 何でも話せる楽しい歯科
2. 最先端の治療を提供し続ける歯科
3. どんなときも患者さんに寄り添っていく歯科
4. 予防を徹底する歯科
5. 治療を通して全身の健康を維持・向上させる歯科

- ピックアップ -

仁科歯科医院ホームページTOP
口臭専門サイト
歯医者のはてな?コラム
仁科歯科医院 エキテン
仁科歯科医院Google+
仁科歯科医院 YouTube

ご相談・お問い合わせはこちら

診療予約はこちら


TO PAGE TOP

WEB診療予約※初診の方専用

このページの先頭へ