京都市伏見区の歯医者 仁科歯科医院 > 仁科歯科医院ブログ > ドライマウス2唾液のメカニズム

仁科歯科医院ブログ

rss RSSリーダーで購読する

ドライマウス2唾液のメカニズム

こんばんは

京都市伏見区桃山南口の仁科歯科医院の仁科真吾です

ドライマウスのチェックシートを今日は付けますね

口が渇く

口が乾いて話しにくい

食事の時に飲み物が必要

夜、寝ている時に水を飲むために起きてしまう

舌にひび割れやすく、口角炎を起こしやすい

虫歯や歯周病になりやすい

このうち一つでも当てはまればドライマウスの可能性が高いです。

さて今日は唾液ができるメカニズムと唾液が分泌するメカニズムについて書いていきますね

唾液ができるメカニズム

唾液の元になるものを原唾液と言います

毛細血管の血液から間質液と言われる液体として生まれ

唾液線で調節され分泌されます。

実は唾液は血液と同じ成分なのです。

唾液が分泌するメカニズム

美味しそうな匂い

美味しそうな食べ物を見ると

脳の唾液神経核と呼ばれる部分を刺激します。

すると唾液が出てくるわけです。

唾液線ー交感神経と副交感神経の両方に支配されています

ものすごく簡単に言いますと

交感神経ー仕事や戦いの時に活発になる神経

副交感神経ー安静時に活発になる神経

です。

つまり

感情や精神状態で唾液の質が変わります

仕事中、などの時はネバネバした粘稠性の唾液が分泌されます

逆に安静時にはサラサラの唾液が出るのです。

口腔乾燥症のブログですが

しばらくは解剖学的な解説どうなっているのか?

基本からお話ししますね

 

 

初診の方専用 診療予約はこちら 初診の方専用 診療予約はこちら

カテゴリー:

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

2019-02-22 00:03

<<   仁科歯科医院ブログに戻る   >>

 

仁科歯科医院ブログ
仁科歯科医院の院長:仁科真吾が六地蔵、山科、宇治市、八幡市、京都市の方々に歯や予防の大切さを知ってもらうために書いている歯に関する様々なブログです。

仁科歯科医院 院長 仁科真吾仁科歯科医院
院長 仁科真吾

誕生日 - 7月12日
血液型 - A型
出身地- 京都市
好きな食べ物 - オムライス、ハンバーグ
趣味 - アロマ、写真

〒612-8018 
京都府京都市伏見区桃山町丹後10-4
TEL075-601-2675 / FAX075-601-2675

下記をモットーに日々の診療に取り組んでいます。

1. 何でも話せる楽しい歯科
2. 最先端の治療を提供し続ける歯科
3. どんなときも患者さんに寄り添っていく歯科
4. 予防を徹底する歯科
5. 治療を通して全身の健康を維持・向上させる歯科

- ピックアップ -

仁科歯科医院ホームページTOP
口臭専門サイト
歯医者のはてな?コラム
仁科歯科医院 エキテン
仁科歯科医院Google+
仁科歯科医院 YouTube

ご相談・お問い合わせはこちら

診療予約はこちら


TO PAGE TOP

WEB診療予約※初診の方専用

このページの先頭へ