京都市伏見区の歯医者 仁科歯科医院 > 仁科歯科医院ブログ > 日本と海外の歯周病の罹患の違い

仁科歯科医院ブログ

rss RSSリーダーで購読する

日本と海外の歯周病の罹患の違い

こんにちは

京都市伏見区桃山南口の仁科歯科医院の仁科真吾です

今日は日本と海外の歯周病の罹患率の違いについてみていきたいと思います

文字ではわかりにくいのでグラフを持ってきました

スクリーンショット 2017-12-07 15.47.45

 

青色のグラフが日本人ageは年齢です

灰色はアメリカ

グラフの伸びが高い方が罹患率が高いということを意味します

さて残念ながら日本人の方が歯周病にかかっている方が多いことを意味します

びっくりしますよね

ざっくり見ると2倍日本人の方が歯周病の罹患率が高いんですねえ

年齢が高くなると歯周病が進行しているのが高くなるのはわかりますが…

これは水面下で進行しているのでやはりどうしてもコントロールできていない人が多いのだと思います

じゃあなんでこんな2倍も多いのか?

考察してみた

様々なデーターを実はブログを書きながらみている状態です

歯周病を起こす因子としては様々

罹患しているばい菌

喫煙

全身疾患

などなど

喫煙が歯周病に与える影響は非喫煙者の3倍高いと言われています

また心因的影響ーうつ病の方はうつ病ではないかたの2倍歯周病になりやすいというデーターがあるようです

ばい菌ージンジバーリストいう歯周病菌に罹患している人は罹患していない人の12倍歯周病が進行しているというデーターがあります

これは侵襲性歯周病という歯周病の中でも進行が早い、そして歯茎が腫れたりするタイプのものです

歯周病にも分類があるの?って思われる方たくさんいらっしゃいます

そうなんです

たくさんのタイプがあるんです

徐々に進むのは成人性歯周病と呼ばれています

これは症状がなくゆっくり進みます

しかし侵襲性歯周炎、若年性歯周炎というのは進行がかなり早いです

侵襲性歯周炎はジンジバーリスというばい菌がたくさんいるはずです

ただ歯石を取っても殺菌しているわけではないのでお口の中全体のばい菌の数は劇的に少なくなるわけではないのです

歯石の下が彼らの隠れ家になるので歯石を取るのは必須です

一緒に殺菌もしないといけません

これらを通じて何がわかるのか?

考察ですよあくまでも

アメリカ人は定期管理によくいきます

これはアメリカには保険制度がないため虫歯になるとかなりの金銭がかかります

なのでならないようjに必至です

日本はと言いますと国民皆保険制度がありますのでま!いいかとなるわけです

つまり定期検診へ行かれない事も現状です

fullsizeoutput_205

 

 

初診の方専用 診療予約はこちら 初診の方専用 診療予約はこちら

カテゴリー:

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

2017-12-07 19:37

<<   仁科歯科医院ブログに戻る   >>

 

仁科歯科医院ブログ
仁科歯科医院の院長:仁科真吾が六地蔵、山科、宇治市、八幡市、京都市の方々に歯や予防の大切さを知ってもらうために書いている歯に関する様々なブログです。

仁科歯科医院 院長 仁科真吾仁科歯科医院
院長 仁科真吾

誕生日 - 7月12日
血液型 - A型
出身地- 京都市
好きな食べ物 - オムライス、ハンバーグ
趣味 - アロマ、写真

〒612-8018 
京都府京都市伏見区桃山町丹後10-4
TEL075-601-2675 / FAX075-601-2675

下記をモットーに日々の診療に取り組んでいます。

1. 何でも話せる楽しい歯科
2. 最先端の治療を提供し続ける歯科
3. どんなときも患者さんに寄り添っていく歯科
4. 予防を徹底する歯科
5. 治療を通して全身の健康を維持・向上させる歯科

- ピックアップ -

仁科歯科医院ホームページTOP
口臭専門サイト
歯医者のはてな?コラム
仁科歯科医院 エキテン
仁科歯科医院Google+
仁科歯科医院 YouTube

ご相談・お問い合わせはこちら

診療予約はこちら


TO PAGE TOP

WEB診療予約※初診の方専用

このページの先頭へ