京都市伏見区の歯医者 仁科歯科医院 > 仁科歯科医院ブログ > 歯っぴー豆知識ーくさび状欠損

仁科歯科医院ブログ

rss RSSリーダーで購読する

歯っぴー豆知識ーくさび状欠損

こんばんは

京都市伏見区桃山南口の仁科歯科医院の仁科真吾です

今日はくさび状欠損についてお話しします

スキャンこの写真をみてください

歯と歯茎の境目にくぼんだ状態が見えますよね

これがいわゆるくさび状欠損と言われるものなんです

別名ー歯ブラシ磨耗とも言いますが

毎日毎日虫歯になりたくない、ゴシゴシ、歯茎の際を磨いていますとこの部分はエナメル質が薄いので削れやすいのです

少し黄色いですよね

この状態はエナメル質の下の象牙質が出ています

この部分は虫歯になりやすいのです

そしてしみたりします

治療は樹脂で詰めることが多いのですが

根本のブラッシングのフォームを変更しなければ何も改善しません

結局は再び削れてしまったり、取れてしまったりします

じゃあ柔らかい毛の歯ブラシ使えばいいじゃん!違うんですよね

なぜならば柔らかい歯ブラシは普通の固さの歯ブラシより清掃能力は落ちます

のであなたにあった固さのものを選びフォーム改善を行うことが重要です

柔らかい歯ブラシを使用するのは歯周外科を行った場合などの時でいいと思います

だから正しい順番は

1、あなたにあった歯ブラシの選定、

2、歯ブラシの使用方法の習得

3、くさび状欠損の充填

となるわけです

野球でも素振りばかりしていてもフォームが正しくないといくらやってもうまくならないですよね

漫画の巨人の星でも大リーグ矯正ギブスというものを着て練習していたはずです

みなさんには歯ブラシ矯正ギブスはないのですが…

結局はあなたは将来何本歯を残したいのですか?

に行き着くのですが

必殺技は何?と聞かれれば毎日の積み重ねと改善これに尽きると思います

 

 

初診の方専用 診療予約はこちら 初診の方専用 診療予約はこちら

カテゴリー:

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

2016-01-04 00:52

<<   仁科歯科医院ブログに戻る   >>

 

仁科歯科医院ブログ
仁科歯科医院の院長:仁科真吾が六地蔵、山科、宇治市、八幡市、京都市の方々に歯や予防の大切さを知ってもらうために書いている歯に関する様々なブログです。

仁科歯科医院 院長 仁科真吾仁科歯科医院
院長 仁科真吾

誕生日 - 7月12日
血液型 - A型
出身地- 京都市
好きな食べ物 - オムライス、ハンバーグ
趣味 - アロマ、写真

〒612-8018 
京都府京都市伏見区桃山町丹後10-4
TEL075-601-2675 / FAX075-601-2675

下記をモットーに日々の診療に取り組んでいます。

1. 何でも話せる楽しい歯科
2. 最先端の治療を提供し続ける歯科
3. どんなときも患者さんに寄り添っていく歯科
4. 予防を徹底する歯科
5. 治療を通して全身の健康を維持・向上させる歯科

- ピックアップ -

仁科歯科医院ホームページTOP
口臭専門サイト
歯医者のはてな?コラム
仁科歯科医院 エキテン
仁科歯科医院Google+
仁科歯科医院 YouTube

ご相談・お問い合わせはこちら

診療予約はこちら


TO PAGE TOP

WEB診療予約※初診の方専用

このページの先頭へ