京都市伏見区の歯医者 仁科歯科医院 > 仁科歯科医院ブログ > 歯の本数と食事

仁科歯科医院ブログ

rss RSSリーダーで購読する

歯の本数と食事

こんばんは

京都市伏見区桃山南口の仁科歯科医院の仁科真吾です

クリスマス前

多くの方が彼女と、家族と、食事にいこうか?

楽しいことを考えているはず

しかしその背景に私、硬いものが苦手で硬いものの食事が出てきたら困るな?

ディナーなら一皿一皿出てくるから残すとすごく目立つし

などを考える人がいるのも事実です

当たり前にある歯

しかし何か問題が起こってからしか当たり前にあるもののありがたみがわからないことも多いですね

最近口臭について書いていましたが

今日はクリスマス特集歯の本数と食事について書いていきます

まずこの図を見てください

解説していきますね

人の歯の本数は親知らずを合わせると32本

矯正治療で抜歯していたり、先天性欠如がなければの話ですが

まあどんな理由であれ18本が一つの基準となります

18本あれば様々なものを噛むことができます

フランスパンなど

つまりフランス料理はオッケーですね

しかし

17本になるとたくあん、スルメイカ、フランスパンなどの硬い食べ物を食事するには無理があります

入れ歯を入れているいないにかかわらず

5本ぐらいになるとどうなるのか?

バナナ、うどん、そばなどは食べられますが

もはやかまぼこなどは食べられなくなります

つまり噛むことが不可能になっていくのです

噛まないとどうなるのか?

噛むことと認知症は関係がありますので進行が早くなります

ではどうすればいいのか?

日頃からのケアが重要になるのです

1、毎日のブラッシング

2、医院での定期管理

です

わかってるよ!

そんな声が聞こえますが

毎日のブラッシングに関しても磨いているのと磨けているのは違います

いやいや私は10分磨いているから大丈夫!

果たしてそうなのか

実際問題

歯垢染色液で染め出してみると

私10分磨いています!そう言われる方の多くが実はかなり染まることが多いです

努力することが目標ではなく時間ではないんです

当たっているかいないか?汚れが取れているかいないか?が問題なので時間はあまり相関関係がないと僕は思います

そう思われる方は一度歯科医院で染め出し検査をしてみてはいかがでしょうか?

舌も真っ赤になるかもしれませんよ
意外に舌を磨いていない方もおられるのでびっくりされるかもしれません

 

 

 

初診の方専用 診療予約はこちら 初診の方専用 診療予約はこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

2019-12-08 23:19

仁科歯科医院ブログに戻る   >>

 

仁科歯科医院ブログ
仁科歯科医院の院長:仁科真吾が六地蔵、山科、宇治市、八幡市、京都市の方々に歯や予防の大切さを知ってもらうために書いている歯に関する様々なブログです。

仁科歯科医院 院長 仁科真吾仁科歯科医院
院長 仁科真吾

誕生日 - 7月12日
血液型 - A型
出身地- 京都市
好きな食べ物 - オムライス、ハンバーグ
趣味 - アロマ、写真

〒612-8018 
京都府京都市伏見区桃山町丹後10-4
TEL075-601-2675 / FAX075-601-2675

下記をモットーに日々の診療に取り組んでいます。

1. 何でも話せる楽しい歯科
2. 最先端の治療を提供し続ける歯科
3. どんなときも患者さんに寄り添っていく歯科
4. 予防を徹底する歯科
5. 治療を通して全身の健康を維持・向上させる歯科

- ピックアップ -

仁科歯科医院ホームページTOP
口臭専門サイト
歯医者のはてな?コラム
仁科歯科医院 エキテン
仁科歯科医院Google+
仁科歯科医院 YouTube

ご相談・お問い合わせはこちら

診療予約はこちら


TO PAGE TOP

WEB診療予約※初診の方専用

このページの先頭へ