京都市伏見区の歯医者 仁科歯科医院 > 仁科歯科医院ブログ > 歯の豆知識5 歯槽骨

仁科歯科医院ブログ

rss RSSリーダーで購読する

歯の豆知識5 歯槽骨

こんばんは

京都市伏見区桃山南口の仁科歯科医院の仁科真吾です

今日は歯槽骨ーしそうこつと言います

これは何かと言いますと顎の骨ーつまり歯を支える骨なんです

上は海綿骨 下は緻密骨です

海綿骨ー柔らかい骨です

上の顎は鼻の穴を始めとする様々な穴があります

骨がなんらかの理由で溶けるとこの穴へ炎症が波及します

骨が溶ける理由ー歯周病、根尖性歯周炎ーつまり根の先に炎症が起こった時です

もっと言うと神経の治療が終わった後、根の中にばい菌がたまりそれが根の先に住み家を作り炎症を起こした時です

根の先に膿が溜まっているので根の中をお掃除しますね〜、とか今日は根の中からガスを出すために仮詰めはしませんね!というこの時のことです

根の中が化膿するとこの時に腐敗したガスを出すのですこのガスがたまるとさらに痛くなるので開放しておくのです

そして歯が当たらないようにするのは安静に保つためなのです

実際なんとも言えない痛みです!

下の奥歯の骨は非常に硬いです

奥歯が痛くなって普通の麻酔だけしても効かない!

そんな経験をした方はいませんか?

これは炎症がきついのと、緻密骨なので元々浸透しにくためなのです

なので歯根膜という部分に打たなければ効かないことが多いのです

もしくは伝達麻酔という手法を行います

親知らずを抜くときに腫れた!そんな方いませんか?

実は横を向いている親知らず、を抜歯するときには骨を割ったり、削ったりします

これは骨折しているのと同じなので腫れるのです

 

 

初診の方専用 診療予約はこちら 初診の方専用 診療予約はこちら

カテゴリー:

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

2015-12-27 00:36

<<   仁科歯科医院ブログに戻る   >>

 

仁科歯科医院ブログ
仁科歯科医院の院長:仁科真吾が六地蔵、山科、宇治市、八幡市、京都市の方々に歯や予防の大切さを知ってもらうために書いている歯に関する様々なブログです。

仁科歯科医院 院長 仁科真吾仁科歯科医院
院長 仁科真吾

誕生日 - 7月12日
血液型 - A型
出身地- 京都市
好きな食べ物 - オムライス、ハンバーグ
趣味 - アロマ、写真

〒612-8018 
京都府京都市伏見区桃山町丹後10-4
TEL075-601-2675 / FAX075-601-2675

下記をモットーに日々の診療に取り組んでいます。

1. 何でも話せる楽しい歯科
2. 最先端の治療を提供し続ける歯科
3. どんなときも患者さんに寄り添っていく歯科
4. 予防を徹底する歯科
5. 治療を通して全身の健康を維持・向上させる歯科

- ピックアップ -

仁科歯科医院ホームページTOP
口臭専門サイト
歯医者のはてな?コラム
仁科歯科医院 エキテン
仁科歯科医院Google+
仁科歯科医院 YouTube

ご相談・お問い合わせはこちら

診療予約はこちら


TO PAGE TOP

WEB診療予約※初診の方専用

このページの先頭へ