1. 京都市伏見区の歯医者「仁科歯科医院」 TOP
  2. 仁科歯科医院ブログ
  3. 歯を噛み締めると痛い

仁科歯科医院ブログ

rss RSSリーダーで購読する

歯を噛み締めると痛い

こんばんは

京都市伏見区桃山南口の仁科歯科医院の仁科真吾です

今日は歯をかみしめると痛みが出る

そんな症状はどんな病名があるのでしょうか?

多くの人は虫歯?

そう思われるかもしれません

しかし、どうやらそうではないことがあるのです

原因1

虫歯

虫歯が表面を覆っているエナメル質に限局している場合

痛みは生じません

しかし象牙質まで虫歯が達した場合

冷たいものがしみる

噛むと電撃が走る

氷を食べたらズキーンとしみる

などこのような症状が生じます

エナメルに限局している場合に治療すれば一回で終わることもありますのですが

症状がない=健康

もしくは

痛くないーめんどくさい

どちらかの理由で歯科医院に行かれるのが遅れるようです

まあ後はなぜ虫歯になったのか?

またそれを改善しないと一度虫歯になった歯は再び虫歯になる可能性が高いと言えるでしょう!

原因2

歯周病

歯周病が進行し中等度まで行くと

歯を支える骨が半分になっています

ここまでくると硬いものを食べると痛い

つまり

支えきれないため痛みが出ます

この場合は一旦溶けた歯を支える骨は元に戻りませんので極力この状況から進行しないようにしなければなりません。

進行すると歯が揺れてしまい

通常のものも食べるときに痛む

冷たいものがしみる

口臭が強くなる

などの症状が出ます

原因3

根尖性歯周炎

つまり根の先に膿の袋ができている場合で急性化している時

噛めば噛むほど痛みが出てきます

症状的には歯茎の下の方から歯が浮いたような感じが出てきます

そして体を温めるとどんどんズキズキしてきます

こうなった場合は神経の部屋を開けて根の先にたまった膿や血液を出して内部の圧を下げると楽になります

一概に噛むと痛むと言っても様々な病名があります

一旦痛みが止まったとしてもそれは一時的な改善であり実は根本は改善していないことが多いです

または症状が隠れただけで次に起こったときは症状が進んでおり、取り返しがつかないこともあります

なので早期にデンタルクリニックを受診されることをお勧めします

もっと言えば定期管理をしてもらうことが重要なのではないかと思っています

 

初診の方専用 診療予約はこちら 初診の方専用 診療予約はこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

2020-06-04 23:30

<<   仁科歯科医院ブログに戻る   >>

 

仁科歯科医院ブログ
仁科歯科医院の院長:仁科真吾が六地蔵、山科、宇治市、八幡市、京都市の方々に歯や予防の大切さを知ってもらうために書いている歯に関する様々なブログです。

仁科歯科医院 院長 仁科真吾仁科歯科医院
院長 仁科真吾

誕生日 - 7月12日
血液型 - A型
出身地- 京都市
好きな食べ物 - オムライス、ハンバーグ
趣味 - アロマ、写真

〒612-8018 
京都府京都市伏見区桃山町丹後10-4
TEL075-601-2675 / FAX075-601-2675

下記をモットーに日々の診療に取り組んでいます。

1. 何でも話せる楽しい歯科
2. 最先端の治療を提供し続ける歯科
3. どんなときも患者さんに寄り添っていく歯科
4. 予防を徹底する歯科
5. 治療を通して全身の健康を維持・向上させる歯科

- ピックアップ -

仁科歯科医院ホームページTOP
口臭専門サイト
歯医者のはてな?コラム
仁科歯科医院 エキテン
仁科歯科医院Google+
仁科歯科医院 YouTube

ご相談・お問い合わせはこちら

診療予約はこちら


TO PAGE TOP

WEB診療予約※初診の方専用

このページの先頭へ