京都市伏見区の歯医者 仁科歯科医院 > 仁科歯科医院ブログ > 歯科医院の滅菌とはどのようなことをしているのか?

仁科歯科医院ブログ

rss RSSリーダーで購読する

歯科医院の滅菌とはどのようなことをしているのか?

こんばんは

京都市伏見区桃山南口の仁科歯科医院の仁科真吾です

歯科医院で治療を受けられる時消毒のことなんて考えることなんてないかもしれないですが

口の中の歯を見るーミラー

詰め物、様々なものを掴むーピンセット

セメント、レジンなどを詰めるー充填機

歯石を取るースケーラー、キュレット

口をゆすぐーコップ

それぞれ消毒の仕方が異なります

 

しかし大きく分けて消毒の流れ

1、浸漬消毒

2、推薦

3、超音波洗浄機、自動洗浄機

4、乾燥

5、滅菌機ーオートクレーブというもの、ケミクレーブというものがあります

ケミクレーブというものは高温の滅菌器の中に消毒用アルコールを充満させます

6、この滅菌器から出したものー殺菌灯と呼ばれる消毒機の中にいれられます

 

この中にはオートクレーブ、ケミクレーブに入れられないものがあります

ミラー、プラスティック製品は高圧滅菌器と呼ばれるものに入れられないため

1から3を行なった後に薬液消毒になります

 

セメントを練る練板は最近は練和紙と呼ばれ使ったら捨てます

またエプロンも最近はディスポーザブルとなっております

 

これらは専門業者へ出されます

 

京都でしたら山本清掃と言われる業者さんなどが有名です

当医院はアサヒプリテック、山本清掃に分別して医療ごみを出しています

 

アサヒプリテックー歯科用石膏、麻酔針、麻酔液、メスなどの感染性汚物はここに出します

 

山本清掃ー使い捨てグローブーこれも感染性汚物ですがここに出します、ディスポーザブルのエプロン、古いカルテーこれは裁断して廃棄してもらいます

なぜここで裁断かというと個人情報保護のためです

 

初診の方専用 診療予約はこちら 初診の方専用 診療予約はこちら

カテゴリー:

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

2018-01-08 23:35

<<   仁科歯科医院ブログに戻る   >>

 

仁科歯科医院ブログ
仁科歯科医院の院長:仁科真吾が六地蔵、山科、宇治市、八幡市、京都市の方々に歯や予防の大切さを知ってもらうために書いている歯に関する様々なブログです。

仁科歯科医院 院長 仁科真吾仁科歯科医院
院長 仁科真吾

誕生日 - 7月12日
血液型 - A型
出身地- 京都市
好きな食べ物 - オムライス、ハンバーグ
趣味 - アロマ、写真

〒612-8018 
京都府京都市伏見区桃山町丹後10-4
TEL075-601-2675 / FAX075-601-2675

下記をモットーに日々の診療に取り組んでいます。

1. 何でも話せる楽しい歯科
2. 最先端の治療を提供し続ける歯科
3. どんなときも患者さんに寄り添っていく歯科
4. 予防を徹底する歯科
5. 治療を通して全身の健康を維持・向上させる歯科

- ピックアップ -

仁科歯科医院ホームページTOP
口臭専門サイト
歯医者のはてな?コラム
仁科歯科医院 エキテン
仁科歯科医院Google+
仁科歯科医院 YouTube

ご相談・お問い合わせはこちら

診療予約はこちら


TO PAGE TOP

WEB診療予約※初診の方専用

このページの先頭へ