1. 京都市伏見区の歯医者「仁科歯科医院」 TOP
  2. 仁科歯科医院ブログ
  3. 歯茎下がり40代で○割以上!

仁科歯科医院ブログ

rss RSSリーダーで購読する

歯茎下がり40代で○割以上!

こんばんは

京都市伏見区桃山南口の仁科歯科医院の仁科真吾です

歯が伸びたような気がする

あれ?

まあ大丈夫か?

30歳ぐらいで思われる方が多いようです

しかし

痛みも何も無いので

ま!良いか!

歯科医院へ行くのも面倒だし、行ってもなんと言ったら良いか?

仕事も忙しいし〜

そして

40歳代で歯茎が下がった!

そう思われる人が80ー90%もおられるようです

50歳になるとほとんどの人がそう思われているということがわかってきました

歯茎が下がったその自覚症状は食べ物が歯に挟まる

歯の根本がしみる

などの症状でそう思われるようです。

一旦下がった歯茎を戻すのは不可能ですので

もしかして?歯茎が下がった?

そう気づいた時に適切なケアを行うことが大切です

歯茎が下がると

それまで歯茎に守られていた根元の象牙質が露出します。

実はこの象牙質の硬さは歯の表面を覆うエナメル質の硬さの4分の1

そして酸に弱く溶けやすいのです。

つまり

この部分は虫歯になりやすいということなのです。

歯茎が下がることによって歯の根元が露出している人は露出していない人に比べて5年後に根元虫歯になるリスクは3倍

根元虫歯は気づきにくく、進行が速いことが特徴なのです。

根元虫歯を予防するには

まず歯茎が下がるのをまずは防ぐことが重要なのです。

この場合適切なブラッシング方法の指導を受けた方が良いでしょう

またフッ素で強化することも役に立ちます

 

 

初診の方専用 診療予約はこちら 初診の方専用 診療予約はこちら

カテゴリー:

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

2020-05-29 23:28

<<   仁科歯科医院ブログに戻る   >>

 

仁科歯科医院ブログ
仁科歯科医院の院長:仁科真吾が六地蔵、山科、宇治市、八幡市、京都市の方々に歯や予防の大切さを知ってもらうために書いている歯に関する様々なブログです。

仁科歯科医院 院長 仁科真吾仁科歯科医院
院長 仁科真吾

誕生日 - 7月12日
血液型 - A型
出身地- 京都市
好きな食べ物 - オムライス、ハンバーグ
趣味 - アロマ、写真

〒612-8018 
京都府京都市伏見区桃山町丹後10-4
TEL075-601-2675 / FAX075-601-2675

下記をモットーに日々の診療に取り組んでいます。

1. 何でも話せる楽しい歯科
2. 最先端の治療を提供し続ける歯科
3. どんなときも患者さんに寄り添っていく歯科
4. 予防を徹底する歯科
5. 治療を通して全身の健康を維持・向上させる歯科

- ピックアップ -

仁科歯科医院ホームページTOP
口臭専門サイト
歯医者のはてな?コラム
仁科歯科医院 エキテン
仁科歯科医院Google+
仁科歯科医院 YouTube

ご相談・お問い合わせはこちら

診療予約はこちら


TO PAGE TOP

WEB診療予約※初診の方専用

このページの先頭へ