京都市伏見区の歯医者 仁科歯科医院 > 仁科歯科医院ブログ > 毎日歯みがきをしているのになぜむし歯になるのか?

仁科歯科医院ブログ

rss RSSリーダーで購読する

毎日歯みがきをしているのになぜむし歯になるのか?

こんばんは

京都市伏見区桃山南口の仁科歯科医院の仁科真吾です

今日は

多くの方が思っている

毎日歯磨きをしているのに、毎日歯磨きガムを食べているのに虫歯にるのか?

について書いていこうと思います

 

1、まず歯磨きーやっているのとできているのは違うと言うことです

少しきつい言い方かもしれないのですが

多くお方がこれを思っています

ん?毎日3回やってるよ

だから大丈夫だね

残念ながらほとんどの方は1日3回歯磨きされていると思います

実はやっているつもりでも歯垢染色液を使ってみるとかなり汚れが残っている方が多いんです

どこについているのかは様々ですが

多いのは歯と歯の間、歯の溝、歯と歯茎の境、被せ物のきわ、詰め物と歯の境目

などです

プラーク1mの中には10奥のばい菌がいます

つまり少しと思っていても

かなり虫歯のばい菌がいると言うことを意味します

 2、歯磨きではとれない汚れがあると言うことをご存知でしたか?

実は虫歯菌が出すバイオフィルムという汚れは歯磨きではとれません

またステインと呼ばれる着色がとれないのと同じようにとれません

 歯科医院でのプロケアを行わなければなりません

 こんな汚れが一日とか一週間だと虫歯にならないかもしれませんが1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月という様な間隔で吐き続けていたらどうでしょう?

 虫歯、歯周病が進行してしまいますよね

 3、歯がミクロの脱灰をしているのってご存知でしたか?

 コーラ、スポーツドリンクは酸性に傾いています

歯はどれぐらいのPHで脱灰していくのかというとPH5、5以下になると脱灰し始めます

つまり目に見えない状態で少しずつ溶けます

 この状態が長く続くと虫歯になりやすい状態になってしまいます

 極端な話でいうと食べた後4時間後に歯磨きしても実は脱灰されていますので虫歯になりやすいのです

 食事後お口の中は急速にphが酸性傾きます

 なのでできるだけ早く歯磨きをした方が良いのです

 phが酸性に傾いた状態が長く続くとやはり虫歯になりますので

参考に

コーラph2.3

レモンーph2.1

オレンジジュースーph4です

いかがでしょうか?

以外にphが酸性に傾いていませんか?

唾液には緩衝能がありますがすぐに臨界ph5.5になるかというとそうではありません

しばらく時間がかかりますのでダラダラ食べると、もしくはチョビのみをずっとすると

お口の中が酸性にずっと傾くのです

ダラダラ食べることはやめましょう

 

初診の方専用 診療予約はこちら 初診の方専用 診療予約はこちら

カテゴリー:

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

2017-12-06 01:26

<<   仁科歯科医院ブログに戻る   >>

 

仁科歯科医院ブログ
仁科歯科医院の院長:仁科真吾が六地蔵、山科、宇治市、八幡市、京都市の方々に歯や予防の大切さを知ってもらうために書いている歯に関する様々なブログです。

仁科歯科医院 院長 仁科真吾仁科歯科医院
院長 仁科真吾

誕生日 - 7月12日
血液型 - A型
出身地- 京都市
好きな食べ物 - オムライス、ハンバーグ
趣味 - アロマ、写真

〒612-8018 
京都府京都市伏見区桃山町丹後10-4
TEL075-601-2675 / FAX075-601-2675

下記をモットーに日々の診療に取り組んでいます。

1. 何でも話せる楽しい歯科
2. 最先端の治療を提供し続ける歯科
3. どんなときも患者さんに寄り添っていく歯科
4. 予防を徹底する歯科
5. 治療を通して全身の健康を維持・向上させる歯科

- ピックアップ -

仁科歯科医院ホームページTOP
口臭専門サイト
歯医者のはてな?コラム
仁科歯科医院 エキテン
仁科歯科医院Google+
仁科歯科医院 YouTube

ご相談・お問い合わせはこちら

診療予約はこちら


TO PAGE TOP

WEB診療予約※初診の方専用

このページの先頭へ