京都市伏見区の歯医者 仁科歯科医院 > 仁科歯科医院ブログ > 痛くなければ治療をしなくてもいいの?

仁科歯科医院ブログ

rss RSSリーダーで購読する

痛くなければ治療をしなくてもいいの?

こんばんは

京都市伏見区桃山南口の仁科歯科医院の仁科真吾です

歯が痛くない!私は虫歯じゃないかもしれない

歯に穴が空いているけどよく歯ブラシをすればもしかしたら治るんじゃないか?

歯茎が腫れていたけどなんだか痛みが治まった!もしかしたら私は歯周病じゃないんじゃないか?

答え

そんなことはありません

はっきり言いますと

虫歯は治りませんし

歯茎が腫れていたのがおさまったのは免疫でたまたま治まっただけです

ケース別に虫歯、歯周病について書いて生きますね

1、虫歯

歯に穴が空いたけど痛みがない

これはおそらく神経までの距離があるだけですね

歯をよく磨いてもエナメル質は回復しません

自然治癒は歯には起きないのはなぜか?

エナメル質には血管もないし治すための成分が全身から送られてくることもありません

2、歯周病

歯茎が浮いた

でも自然に治った

そんなことはありません

歯周病の原因は歯周病菌

これが免疫と戦って免疫が勝ったのです

しかし歯周病菌がいなくなったわけではないんです

1腫れごとに骨は溶けてどんどん溶けるときずかないうちに歯を支える骨が無くなります

特に慢性の炎症ですからなかなか気づきません

慢性の炎症は痛みを伴うことはあまりないのです

どーーーんと歯茎が腫れている状態は急性の炎症です

実は急性の炎症は起こるべきして起きてます

なぜか?慢性が急性に転じただけだからです

歯磨き中に血が出た

実はこれが炎症の指標です

歯ブラシをキツくしたからではありません

炎症部分の血管はもろく破れやすくなっています

このため容易に出血します

出血するということは全身への入り口になっています

歯周病菌はこの部分から全身へ移行し悪さをします

どんな病気が関係しているのか?

慢性関節リュウマチ

糖尿病

早産、低体重児出産

梗塞ー心筋梗塞、脳梗塞など

これは血管壁に歯周病菌が移行するとアテロームというものを作り血管を狭くします

狭くなると詰まりやすくなるため梗塞が起こることになります

糖尿病は血糖値のコントロールができにくくなるのです

早産、低体重児出産は子宮をキュッと閉めてしまうので起こるのです

これらは必ず起こるのではなくリスクが高くなると言うことです

しかし起こってからでは遅いので前もって治療をしておく必要があるんです

自分だけは特別?

ならない

起こらない

と言うことはなく

たまたまかもしれません

虫歯は痛くないかもしれませんがいずれ激痛が引き起こされることでしょう

なので早期に治療をすることが大切なんです

 

初診の方専用 診療予約はこちら 初診の方専用 診療予約はこちら

カテゴリー:

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

2017-12-05 01:37

<<   仁科歯科医院ブログに戻る   >>

 

仁科歯科医院ブログ
仁科歯科医院の院長:仁科真吾が六地蔵、山科、宇治市、八幡市、京都市の方々に歯や予防の大切さを知ってもらうために書いている歯に関する様々なブログです。

仁科歯科医院 院長 仁科真吾仁科歯科医院
院長 仁科真吾

誕生日 - 7月12日
血液型 - A型
出身地- 京都市
好きな食べ物 - オムライス、ハンバーグ
趣味 - アロマ、写真

〒612-8018 
京都府京都市伏見区桃山町丹後10-4
TEL075-601-2675 / FAX075-601-2675

下記をモットーに日々の診療に取り組んでいます。

1. 何でも話せる楽しい歯科
2. 最先端の治療を提供し続ける歯科
3. どんなときも患者さんに寄り添っていく歯科
4. 予防を徹底する歯科
5. 治療を通して全身の健康を維持・向上させる歯科

- ピックアップ -

仁科歯科医院ホームページTOP
口臭専門サイト
歯医者のはてな?コラム
仁科歯科医院 エキテン
仁科歯科医院Google+
仁科歯科医院 YouTube

ご相談・お問い合わせはこちら

診療予約はこちら


TO PAGE TOP

WEB診療予約※初診の方専用

このページの先頭へ