京都市伏見区の歯医者 仁科歯科医院 > 仁科歯科医院ブログ > 突然歯に穴が空いた!

仁科歯科医院ブログ

rss RSSリーダーで購読する

突然歯に穴が空いた!

fullsizeoutput_205

大変だ、

どうしよう

なんでなんの前触れもなく!

先日行った占いでは絶好調だったのに….

なーんて思われてませんか?

違うんですよ

突然じゃあないことが多いんです

実は歯には構造があり

最表層から

エナメル質

象牙質

神経

エナメル質は人間の体の中で最も硬い組織

虫歯に対する抵抗力があるんです

それにひきかえ象牙質は柔らかい

虫歯は歯を溶かします

脱灰といいますが

エナメル質、象牙質比べるとやはり象牙質の方が脱灰しやすいです

すると

エナメル質は少し黒っぽく見えるだけなのに下の象牙質に虫歯が進行しているとわーーーって広がっていることが多いんです

するとエナメルを支えている裏打ちがなくなってますから

地盤沈下のようなことになるわけです

以前福岡で大きな地盤沈下ありましたよね

道路のアスファルトがドボンって

地面のアスファルトの下は土、地下水だと追っていたら

裏うちがなければどんなに硬くても壊れやすいんです

歯の構造ー理にかなってます

しなりのある象牙質、何者にも負けないエナメル質

エナメル質に神経はありません

だからなんでも噛めるんです

しみるのはこの部分ではありません

象牙質が出ているとそこにある細かい管が神経まで達しているので

この中の水が熱いもの冷たいもので動いて神経を刺激する

また甘いもの、を食べると浸透圧の違いにより水が動き神経を刺激する

と行った感じで起こるんです

実は虫歯で象牙質が出た場合、歯周病で象牙質が出た場合もおんなじことが起こります

一般的に歯が痛い!となると多くの人は虫歯!って思うわけですが

実は歯周病が原因のことが多いです

虫歯でもないこの状態で歯を削ると余計にしみます

つまり診断を行ってから適切に判断しなければなりませんね

あ!話が脱線した

見た目何もないから健康というわけではなく突然歯に穴が空いたというのは実は虫歯が進行していることが多いです

これはプロのプロケアを受けて入れば容易に発見できたはずなので

何も症状がないイコール健康というわけではないのですよ

 

 

初診の方専用 診療予約はこちら 初診の方専用 診療予約はこちら

カテゴリー:

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

2017-12-03 11:37

<<   仁科歯科医院ブログに戻る   >>

 

仁科歯科医院ブログ
仁科歯科医院の院長:仁科真吾が六地蔵、山科、宇治市、八幡市、京都市の方々に歯や予防の大切さを知ってもらうために書いている歯に関する様々なブログです。

仁科歯科医院 院長 仁科真吾仁科歯科医院
院長 仁科真吾

誕生日 - 7月12日
血液型 - A型
出身地- 京都市
好きな食べ物 - オムライス、ハンバーグ
趣味 - アロマ、写真

〒612-8018 
京都府京都市伏見区桃山町丹後10-4
TEL075-601-2675 / FAX075-601-2675

下記をモットーに日々の診療に取り組んでいます。

1. 何でも話せる楽しい歯科
2. 最先端の治療を提供し続ける歯科
3. どんなときも患者さんに寄り添っていく歯科
4. 予防を徹底する歯科
5. 治療を通して全身の健康を維持・向上させる歯科

- ピックアップ -

仁科歯科医院ホームページTOP
口臭専門サイト
歯医者のはてな?コラム
仁科歯科医院 エキテン
仁科歯科医院Google+
仁科歯科医院 YouTube

ご相談・お問い合わせはこちら

診療予約はこちら


TO PAGE TOP

WEB診療予約※初診の方専用

このページの先頭へ