京都市伏見区の歯医者 仁科歯科医院 > 仁科歯科医院ブログ > 緊急報告!歯茎を抑えると酸っぱいものが出てくるんですという方へ

仁科歯科医院ブログ

rss RSSリーダーで購読する

緊急報告!歯茎を抑えると酸っぱいものが出てくるんですという方へ

こんばんは

京都市伏見区桃山南口の仁科歯科医院の仁科真吾です

ものすごくお久しぶりのブログです

梅雨、なんか湿度が高くて体がベチャつくこの頃

体調が悪くなる方も多いとおもいます

歯茎を抑えるとなんか酸っぱいものが出てくるんですよ

そうお話されている方がこの前おられたんですよ

パッと口の中を拝見すると

やはり!

そう思ったのです

歯と歯茎の境目に白いものが

なんだとおもいますか?

膿です

そう歯周ポケットから膿が出ているんです

歯周病です

このかた最近歯磨きをよくされるそうなんですがずっと酸っぱいものが出てくるんだそうです

しかし歯磨きは基本なのですが

そもそもかなり歯周病が進行すると歯と歯茎の境はものすごく深くなってます

このそこまで毛が届くのか?というと届きません

つまり磨けないということです

じゃあどれぐらいなら歯茎の中を磨けるの?

まあ1ミリも歯ブラシの毛が入れば良いのではないかなあ

そしてこの白い膿はばい菌と免疫が戦った後の死骸です

つまりそれほどばい菌が居るということなんです

ばい菌を殺菌する

と考えると

抗生物質?

しかしずっと飲み続けると耐性菌ができてしまいます

急性炎症の時は抗生物質を飲まねばならないですがこれもイメージ的にはパッと飲んで腫れが引いたらパッとやめるというイメージです

じゃあどうするの?

医院で超音波っという器具を使ったりハンドスケーラーというものを使ったり、レーザーでポケット内部を殺菌したり

それとともに自宅では正しいブラッシング、殺菌性のマウスウォッシュなどを使用したり、水流で歯茎を流したりーウォーターピックというものです

 

 

 

初診の方専用 診療予約はこちら 初診の方専用 診療予約はこちら

カテゴリー:

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

2017-07-09 01:35

<<   仁科歯科医院ブログに戻る   >>

 

仁科歯科医院ブログ
仁科歯科医院の院長:仁科真吾が六地蔵、山科、宇治市、八幡市、京都市の方々に歯や予防の大切さを知ってもらうために書いている歯に関する様々なブログです。

仁科歯科医院 院長 仁科真吾仁科歯科医院
院長 仁科真吾

誕生日 - 7月12日
血液型 - A型
出身地- 京都市
好きな食べ物 - オムライス、ハンバーグ
趣味 - アロマ、写真

〒612-8018 
京都府京都市伏見区桃山町丹後10-4
TEL075-601-2675 / FAX075-601-2675

下記をモットーに日々の診療に取り組んでいます。

1. 何でも話せる楽しい歯科
2. 最先端の治療を提供し続ける歯科
3. どんなときも患者さんに寄り添っていく歯科
4. 予防を徹底する歯科
5. 治療を通して全身の健康を維持・向上させる歯科

- ピックアップ -

仁科歯科医院ホームページTOP
口臭専門サイト
歯医者のはてな?コラム
仁科歯科医院 エキテン
仁科歯科医院Google+
仁科歯科医院 YouTube

ご相談・お問い合わせはこちら

診療予約はこちら


TO PAGE TOP

WEB診療予約※初診の方専用

このページの先頭へ