京都市伏見区の歯医者 仁科歯科医院 > 仁科歯科医院ブログ

仁科歯科医院ブログ

被せた歯は虫歯になりますか?

こんばんは

京都市伏見区桃山南口の仁科歯科院の仁科真吾です

今日パソコンを打っていて急に立ち上がったらなんと!腰が痛い!ぎっくり腰?なのか

かがめないんですね

ホカロンを買ってもらい今も腰に巻いてますが

少し楽なような〜

さて今日は多くの人が思っていること

被せたら虫歯にならないのか?

について

被せ物は虫歯にはならないんですが

その下に歯がありますよね

ここが虫歯になります

神経があって被せ物をしている場合、症状としてはしみるから始まります

神経がない場合は根の先に病巣を作るまでわかりません

もっと言いますと痛くなるまでわかりません

金属の寿命は7年ぐらいです

隙間がそれまでに空いてきたり

セメントが溶けてきたり

隙間に磨き残しができます

そして磨けないので虫歯になるというパターンがほとんどですね

ここでいう金属は被せ物です

詰め物の寿命は5年ぐらい

樹脂は汚れがつきやすいのでもう少し早いかなあ

歯茎からの出血が出ているとセメントも劣化したり樹脂はくっつかないので取れます

歯周病も関係していると言えます

歯周病は知らず知らずの間に歯茎から血が出ています

歯磨きの時に時々血が出る、フロスをすると匂いがするというのは歯周ポケットや詰め物の隙間に汚れが残っているということを意味します

まあ磨き残しがない方なんていないのですがね

この金属の寿命長いと思うか短いと思うか?

費用の割には長くもつなあと僕個人的には思います

なぜなら比較対象が電化製品の場合

歯の場合24時間ずっと働いています

電化製品の場合24時間ずっと動いているもの?ないですよね

と考えると耐摩耗性、耐久年数としてはよくもつものだなあと思ってます

まあ各個人によっては全く寿命は変わるのですが

つまりお手入れの仕方によってはもっともつかもしれないし短いかもしれないということです

2年で壊れてしまう人もいれば10年もつ人もいるかもしれませんね

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

2017-03-20 00:19

2017年春、花粉、歯茎の関係

こんばんは

京都市伏見区桃山南口の仁科歯科医院の仁科真吾です

そろそろ寒かった冬も終わろうとしているような気がします

お日様が暖かく、感じてました

あらーなんかお日様が暖かいなあそう思ってたんですよ

その矢先、突然むくなりましたよね

私、不覚にも風邪ひいてしまいました

今日ぐらいから治りましたが

結構ひどい風邪でした

スタッフも鼻をグシュグシュ言ってましたので

え!風邪うつった?って聞いたところ

私は花粉症です

とのこと

花粉症でも風邪でも何か歯茎が浮くような感じがしませんか?

そうです

するんです

場合によっては腫れたりするんです

なぜか?

抵抗力が落ちているため歯周病菌に負けてしまう

口呼吸なので口の中のばい菌が増えてしまう

こんなことが起こるのです

今週、明日も寒くなるようです

春までもう少しかかりそうですが皆様もどうぞ体調をお崩しにならないように気をつけてください

3月ももう半ばですね

あと半月で桜の花が咲くなんて

改めて考えるとびっくりです

僕の桜のスポットは夜車で走る桃山中学のあたりです

ものすごく綺麗で人だかりなんてできてませんしこっそりスポットですよ

まあこんなことを書くと実はこのブログ患者さんの方々結構読んでいただいているみたいですので会うかもしれませんね

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

2017-03-14 22:54

口の中が粘つく

こんばんは

京都市伏見区桃山南口の仁科歯科医院の仁科真吾です

口の中が粘つく!

そんなタイトルで始まりました

しかし

初診の方の多くが口の中が粘つく、口臭が気になる

そんなことを問診票で書かれていることが多いです

多くの場合レントゲンを見ると歯周病が進行していることが多く

中期歯周病

ーつまり歯の長さに対して二分の一ぐらいしか歯を支える骨がない状態

ここから進行すると重度歯周病、これより骨がある場合は軽度歯周病と言います

みなさん歯周ポケットというものをお聞きになられたことが多いとおもいます

これは歯と歯茎の境目にある服のポケットのようなものです

この中から歯肉溝滲出液というものが出てきます

無色透明なのであまり気づかないことが多いですが

この成分は血清成分、好中球、上皮、歯肉溝中の細菌、細菌が出す毒素、酵素などが含まれています

歯周病菌はこの滲出液のタンパク質を分解してネバネバした物質ーバイオフィルムを出します

このためお口の中がネバネバするのです

もちろん歯が揺れているわけでもなく、少し食事中にものが引っかかる、歯ブラシの時に時々血が出る、

口臭が気になったことがある、歯が浮いたように感じたことがある、歯茎を爪楊枝、フロスで触るともっとぎゅーっとしたくなる

などの症状があるぐらいかなあと思います

実は症状が出る前にじわじわ水面下で進行しています

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

2017-02-26 01:25

歯の形態異常ータウロドント

こんばんは

京都市伏見区桃山南口の仁科歯科医院の仁科真吾です

今日はうちの猫を宇治にあるかかりつけの動物病院へ連れて行きました

エコーの検査、血液検査をしてもらったのですが何もなくてよかった〜

そして腎臓に良い食事を進めてもらいました

猫も年をとるとやはり食事も重要になりますから

ちろちゃんは下痢が治らなかったんです

でも先生に治してもらったわけです

とともにやはり毎日の食事が重要なのでいろんなサンプルをもらいました

猫なので好き嫌いが激しいから〜

まあ置いといて

ここから学ぶことは

毎日の積み重ねが重要だということ

これは健康、歯の健康だけにとどまりません

勉強も、スポーツも、です

今日は歯の形態異常について書いて行きますね

タウロドントという形態異常です

長胴歯と言います

第一乳臼歯に発生頻度は多いです

原因としてはクラインフェルター症候群という病気、くる病という病気にかかっておられる人に多く見られます

くる病ービタミンD欠乏によりカルシュウム、リンの欠乏さらに硬組織の石灰化障害が起こります

その結果エナメル質の形成不全やタウロドントという胴が長い歯になるのです

歯の形態異常も様々なものがありエナメル質形成不全症から歯の欠如、形態不良、様々あるのです

原因もそれぞれあります

原因がわかっていればそれに対処できるものもあると考えます

つまりビタミンDの不良が原因ならそれを含む食事もとる必要があったわけです

アンコウのきも、しらすぼし、イワシなどです

一日食べれば良いということではなく日々の食事が重要となることなんです

積み重ねです

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

2017-02-23 23:39

歯髄壊死と歯髄壊疽

こんばんは

京都市伏見区桃山南口の仁科歯科医院の仁科真吾です

今日は日中から暖かく事務日和かな?と思ってたら

MacのPDFがちゃんと印刷できなくて

データーが壊れていたのか?

早速サポートに電話しました

2時間解決策のためにかかりました

途中電話が切れて違う担当者が電話とったら5分で解決したのですが…

まあ仕方がない

ということで

今日は歯の神経が死んでしまった状態を歯髄壊死と言います

見た目はすぐには黒くはなりませんが歯が黒くなってきます

原因は?

虫歯であれ、外傷であれ神経が死んでしまったら歯髄壊死です

そして細菌の感染が起こった場合歯髄壊疽となります

症状は痛みの発生が起こってきます

もちろんしばらくすると見た目が黒くなります

壊死と壊疽の違いなんですよ

虫歯が進行した場合はああ〜虫歯ほっといたらあかんなと思われるでしょうが

歯周病が進行しても実は歯髄壊死、歯髄壊疽が起こります

エナメル質は歯冠部と言われる歯の頭の部分にしかありません

その下は象牙質という部分でこの部分は小さな穴がたくさん空いています

ここから細菌の侵入により神経まで達し感染し神経が死んでしまいます

上行性歯髄炎と言われます

主に歯の実質欠損つまり見た目は健康そうな歯ですが歯周病が進行しています

そして打診痛があります

そしてズキズキ痛みます

患者さんの多くは痛みが出た場合虫歯ですか?と言われるのですが

以外に歯周病で神経が死んでしまうことを知らない人が多いようですね

まあまず初めに応急処置として対処することは神経の部屋の消毒には間違いがないのですが

そのあと歯周病の治療を行わなければならないのです

虫歯からこの症状になった場合は応急処置として神経の消毒を行い

他の歯が虫歯にならないように予防処置が必要となります

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

2017-02-19 22:52

新型診療台導入!

こんばんは

京都市伏見区桃山南口の仁科歯科医院の仁科真吾です

今日はお昼の12時から夜の20時ぐらいまでずっと診療所にいたのです

工事のためにいました

2機の診療台が新たな診療台に…

これが推移です

名称未設定4.001

これが変える前のチェアー

そして工事中

名称未設定4.002

さらに

名称未設定4.003

 

こうなったのですが

この工事の途中

一階にあった昔のチェアーを運び出したのです

それは父が昔父の父に買ってもらったと言われている診察台

朝から実はお墓まいりに行き

父に報告してきました

そしてその診察台が運ばれていく時何か寂しい感じがしたのです

後昔あったデンタルサウンドチェッカーと呼ばれる機械も一緒に廃棄したのです

後は〜大きな箱に整理した段ボール箱の山

3台の大型機械の廃棄、小機械の廃棄

そして2機の新型のチェアー

正直疲れたわけですが

僕がいないといけません

何故ならば

コンプレッサーを切ったり入れたり、メインスイッチを切ったり入れたり

配置の場所を決めたり

何かをするわけじゃないけれど

まあこの間に他の業者さんとの打ち合わせをしたり、

あ!今回いろんな小機械がオプションでつきました

タービンと呼ばれる歯を削る機械が5本、エアフローと呼ばれる歯の汚れを取る機械の新型が1機

まあこんな大改造をしたのは初めてかなあ

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

2017-02-17 00:42

虫歯と感染の窓!

こんばんは

京都市伏見区桃山南口の仁科歯科医院の仁科真吾です

今日は虫歯について書いていこうと思います

虫歯の原因って何かご存知ですか?

以外に

歯を磨いていなかったから虫歯になったのかな?

歯が弱いから虫歯になるのかな?

まあ私は毎日ガムを噛んでるから大丈夫だね!!

と思われているかもしれません

原因はミュータンス菌と呼ばれる虫歯の原因菌です

確かにエナメル質が弱い、ない人は虫歯になりやすいです

また歯を見がかなったら虫歯になる確率は高いです

ガムを噛めば唾液が出ます、

リスクは少しは下がるかもしれません

ミュータンス菌を殺菌しているわけではないという現実がここにあります

え!なんでどこからうつるのかな?

という疑問に行き着くわけです

ジュースを回し飲みしたからなのか?

口移しで食べた

そう

唾液を介して感染します

発症は時間がかかるので誰から感染したのかなんてわかりませんね

実は感染リスクが最も高い時期があります

この時期を感染の窓!と呼んでいます

1歳7ヶ月から2歳7ヶ月

この時期なんですよ!

まあこのミュータンス菌がなぜ歯を虫歯にするのかについて書いていきますね

糖分を分解し酸を出します

これにより歯を脱灰ーつまりとかしていくのです

ネバネバの膜を出しーグルカンと言いますが

歯に強固にくっつきます

このばい菌は空気の嫌いなばい菌です

そして細胞壁が割と厚いのです

グラム陽性菌と呼ばれています

空気の嫌いなばい菌を嫌気性菌と言います

歯周病菌も嫌気性菌です

しかし細胞壁が薄いのが特徴です

いろんな歯周病菌がいますが全てグラム陰性菌で細胞壁が薄いのが特徴です

今日は虫歯の話が少しばい菌の話になりましたので口の中にいる菌についても書いてしまいました

 

仁科歯科医院

075-601-2675

〒612-8018

京都市伏見区桃山町丹後10-4

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

2017-01-27 00:20

歯ブラシとくさび状欠損

こんばんは

京都市伏見区桃山南口の仁科歯科医院の仁科真吾です

今日はとても寒く日中雪が降ってましたね

春が恋しい仁科です

今日はあまり触れていなかったかもしれない歯ブラシ磨耗について書いていきます

気づけば歯と歯茎の境目が段差になっている

舌で触ると穴ができたような気がする

ものが詰まるので歯ブラシで触るとビーンという虫歯のような痛みが走る

鏡で見ても奥歯の場合見えない

前歯だったらあれ?黒くなっていないのに虫歯?かな?って思われるかもしれないのですが

これはくさび状欠損とも言われ

歯ブラシを強い力で使い続けた結果、過量の歯磨き粉の使用によって歯茎の境目の部分が削れてしまった状態を言います

これに伴う症状としては

歯がしみるという症状ー知覚過敏が起こっていることが多いです

治療法としてはコンポジットレジンという樹脂を詰める方法が主たるものです

もちろん虫歯になっていなければ削る必要はないのですが

接着処理を行う必要があります

しみる場合しみどめをしばらく使うことがあります

一回塗ったら治るのか?治らないです

何度か塗りながらしみるのが止まったら樹脂を詰めるということもあります

1、しみどめを塗る

2、レーザーを照射する

があります

もちろんしみるのがひどい場合神経の処置を行うこともあるのですが

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

2017-01-23 23:54

薬物性の歯茎の腫れ

こんばんは

京都市伏見区桃山南口の仁科歯科医院の仁科真吾です

今日は何かの病気で薬を飲まれている方で歯茎が腫れたなあ〜って思われている方へお伝えしたいと思います

お薬の副作用で歯茎が腫れることってあるんです

じゃあどんなもので腫れるの?

1、フェニトイン

2、カルシュウム拮抗剤

3、シクロスポリン

という薬です

ではこの薬がどのような病気で投薬されることがあるのかについて一つずつ見ていこうと思います

1、フェニトインー抗てんかん薬

歯肉が腫れる以外に副作用としては体毛の増加などもあるのです

2、カルシュム拮抗剤

降圧剤

高血圧症、狭心症の薬です

3、シクロスポリン

免疫抑制剤です

つまり自己免疫疾患という病気の時に使われます

実はこのシクロスポリンには思い出があるのです

以前ももちゃんという犬を飼ってたんですね

この子がある日調子が悪いので病院へ連れて行ったのです

そうすると実は血液を破壊する自己免疫疾患だったのです

それから免疫抑制剤ーシクロスポリンを使ったり人免疫グロブリンというのを使ったりしていたんです

 

名称未設定3.001そして自宅で酸素室をペット用のものがあるんでそれを借りていたんですね

血液を運べないと酸素を運べませんから

輸血も2回したんです

3回目輸血犬をお願いしたんです

明日という時にももは亡くなったのですが

その前に苦しいはずなのですが

開けっ放しの僕の部屋に入ろうとしたんですね

多分、兄ちゃんさようならって言いに来たんだろうなあ〜と思ってます

今は滋賀県のペットランドというところにペットのお墓を作ってそこにいるのですが

多分魂は家にいるような気がするのですが…

まあ写真を載せてみんなに見てもらって忘れられないのが供養のような気がしています

この子はとっても臆病でギギギーってドアが開いてもびっくりしてたり

内股でトコトコ外から帰って来た僕を迎えに来たりほんとお嬢さんでした

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

2017-01-19 23:44

京都!豪雪!タフトブラシ!

京都市伏見区桃山南口の仁科歯科医院の仁科真吾です

京都はさっきも雪が降っていました

昨日医院の入り口が滑るのでマットをコーナンで買ってきて昼晴れていてもう必要ないかな?

なんて思ってました

いえいえそんなことはなかった〜

年末、年始暖かかったので今年は暖冬なのかな?なんてブログにも書いていたのですが

違った!

やはり京都は盆地なので夏暑く、冬寒いんですよね

センター試験のこの時期は雪が降ることが多いんですよね〜

昔は共通一次って言ってましたが

さて今日はタフトブラシについて書いて見ますね

タフトブラシっていうのは歯ブラシの柄の先に小さな毛の束が一つついているものです

知らない人もおられるかもしれないので今日は紹介です

タフトというのは毛を束ねたという意味なんですよ

普通の歯ブラシじゃあ長さや、幅が邪魔をして磨きにくいところに使います

つまり

ブリッジや金属の歯の縁と歯肉の境孤立した歯の周り、前歯の裏側、矯正器具をつけている場合

小刻みに動かして使うんです

持ち方!

ペングリップっていう鉛筆を持つように持ちます

使い方は

まずタフトブラシを使って磨きにくいところを磨きます

そのあと普通の歯ブラシで全体を磨きます

というように使ってくださいね

どうでしょう?

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

2017-01-17 00:22

TO PAGE TOP

WEB診療予約※初診の方専用

このページの先頭へ