京都市伏見区の歯医者 仁科歯科医院 > 仁科歯科医院ブログ

仁科歯科医院ブログ

歯科用レーザー

こんばんは

京都市伏見区桃山南口の仁科歯科医院の仁科真吾です

今日は寒いですねえ

今日は医院の階段にワックスを塗ったりしてました

明日は年末年始のお休みの最終日、朝から猫を連れて動物病院へ行く予定

ブログでふと思い返すとレーザーについてあまり書いていないなあと思い

今日はCO2レーザーについて書いていきます

どんなことに利用できるのか?

硬組織に対する効果

1、歯の質の強化

2、二次虫歯への応用

3、露髄ー虫歯が大きく神経が出た場合の処置

4、歯の根の治療への使用

5、顎関節症への応用

6、麻酔様効果

レーザーには痛みに対する閾値を上げる効果がある

これは麻酔が要らなくなるという意味ではなく麻酔を痛みなく打つことができる様になるという補助的な効果です

まあウォーターレーザーは無麻酔で切開ができたりもすることがあるのではあるのですが

7、軟組織への応用ー口内炎、口角炎の処置

これはよく効きます

8舌小帯、上唇小帯野以上への応用

これは位置以上により舌足らずになったり、歯の並びに影響がある時に切除しなければならないのですが

レーザーを使用すると縫合が要らなくなったり、治癒が早かったりなど良い点がたくさんあります

9埋伏歯への応用

親知らず、もしくは永久歯が生えてこない場合、切開をして歯を出すことがあります

がレーザーでも可能なのです

10、ヘルペスへの応用

11、メラニン色素沈着への応用

12、口唇母斑ーつまり唇のほくろへの応用

13、止血への応用

14、入れ歯の粘膜の傷への応用

15、エプーリスー歯肉腫への応用

16、歯肉炎への応用

17、歯周病への応用

18エナメル質形成不全症への応用

19ホワイトニングへの応用

ずらずら〜と書きならべたのですが

ひとえにレーザーといっても歯科でも様々なものが出ているのです

用途に応じて使用されるもので

半導体レーザーならそれに応じた使用、適応症

CO2レーザーならその適応症

があるのです

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

2017-01-05 01:12

人間と猫の歯の本数の違い

こんばんは

京都市伏見区桃山南口の仁科歯科医院の仁科真吾です

あけおめ〜って感じですね

しかし僕は年末、年始全く年末やなあとか年始やなあなんて感じはなかったかなあ

元旦から宇治の動物病院に

30日から入院していたうちの猫を迎えに

なぜなら猫はあんまり入院させたらあかんらしいのです

以前入院した門真の専門の先生が言ってたらしいです

動物病院にも専門医がいるんですよ〜

門真の先生は確か眼科の先生やったかなあ

今日は朝から車に乗って、母を乗せ、猫を乗せ

この猫は母に非常になついていますので

そして行った帰り医院により年末から年始にかけてやっていることをしてました

技工室という歯を作る部屋を大改造

そして床掃除をしワックスを塗り、カルテを書くという流れでやってました

あれ?

本題に入りますね

猫の歯の本数は何本でしょう〜

乳歯なら26本

永久歯なら30本なんですよ〜

人間は乳歯は20本、永久歯は32本です

猫の場合どうやら生後1から2ヶ月で乳歯が生えてくるようです

また永久歯は生後4から6ヶ月で生えてくるらしいです

はや!!って思うのは僕だけ?

種類について書いていきますね

門歯

犬歯

前臼歯

後臼歯

前臼歯は臼という字を書きますがどうやらすりつぶす機能は無いようです

猫は基本丸呑みのようですので飲み込める大きさまで切る役割のようです

猫にも歯周病、虫歯はあるのです

昨日行った時に歯周病に効く抗生剤打っときましたよ〜

あ〜先生僕のこと歯科医って知ってたから少し詰まったような感じはしましたが

黙って聞いてました〜あははは〜

知ってても

獣医の先生に任せなければなりませんからね

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

2017-01-04 01:12

メリークリスマス特集!歯の形態の異常

こんばんは

京都市伏見区桃山南口の仁科歯科医院の仁科真吾です

メリークリスマスです

クリスマスの香りといえばフランキンセンスですが最近全くアロマを買っておらずルームフレグランスを振っています

まあ家でもアロマをしていないのですが….

今テレビをつけるとNHKでラブライブという漫画がやっているので見ながらこのブログを書いています

多分これが終わったら毎日テレビでジョジョの奇妙な冒険があるので見てますが…

何かを集めてるわけではないのですが漫画?アニメを見るとなんかホッとするのは僕だけかなあ〜

そしてクリスマスといってもまあ僕にとっては普通の日ですが…

歯の携帯異常を起こすものの一つとして

先天性梅毒による形態異常が起こります

上の歯の真ん中の歯ー中切歯というものの歯の先が半月状に陥没し歯全体が丸みを帯びて先端が狭くなっている

正常な歯と比べると歯の長径、幅径ともに小さい

しかし先天性梅毒の場合この形態異常だけでなく樽状の形態になっていることもあるんです

まあ様々な形態異常がありますのであくまでもこれが決定要因ではなくあくまでも参考程度に僕は見ています

予診票の確認とともに判定しますが…

なぜこのような形態異常が起こるのか不明ですが….

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

2016-12-25 01:31

大きな虫歯の新治療法

こんばんは

京都市伏見区桃山南口の仁科歯科医院の仁科真吾です

多くの人が大きな穴が空いた虫歯で痛くもないのに神経を抜くことになったり

外傷で歯が半分無くなって樹脂では修復ができないので神経を触って差し歯にしなければならない

つまり樹脂で接着させるためにはある程度歯の質が残っていないと無理なんです

ずーっと思ってたんです

何か手はないものかなあ

NPSシステムーまずはこの動画を見てください

この動画の解説なんですが

もちろん虫歯が残っていてはダメです

しかしここでドッグベストセメントの登場があるかもしれません

虫歯が大きい場合ードッグベストセメントを使う

神経まで距離がある場合は虫歯を除去

ここでピンを維持するホールを作ります

1、ガイドホールという穴を少し削ります

2、この部分に2ミリぐらいのピンが食い込む部分を削ります

3、維持ピンを立てます

4、歯によっては本数が異なります

例えば前歯なら最高3本まで

奥歯ならおそらく4本ぐらいまで

そして

5、接着処理を行います

6、グラディアダイレクトというハイブリッドセラミックという樹脂で充填します

この詳しい説明は公式ホームページにも載せていますが今回はここまで説明しました

さらに詳しく知りたいなあ

という方はどうぞこちらから見てくださいね

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

2016-12-23 01:25

歯の加工と抜歯の風習

こんばんは

京都市伏見区桃山南口の仁科歯科医院の仁科真吾です

人類の歴史において抜歯、歯の加工ー歯を尖らせたりした風習がある

今日はこれについてお話しします

今回は虫歯で抜くのではなくなんらかの風習についてのことをお話しします

中国のミャオ族、オーストラリアの原住民が近年でも行なっていた風習で日本でも縄文時代に上顎犬歯、第一小臼歯、下顎切歯部を抜歯する儀式があったようです

これは子供の成長の節目になんらかの傷をつけるというものらしかったのですが

加工については

オーストラリアの原住民が成人の儀式で上顎中切歯をフォーク型にしたり、隣の歯を尖らせたりしていたようです

日本ではお歯黒というタンニン酸第二鉄塩を主成分とする液体で歯を黒く染めていた

この風習は明治、大正時代まで民間で広く行われていたようです

実はこのお歯黒ー初めは男女ともに上流階級のみ行なっていたようですが

江戸時代になってからは既婚女性のみが眉を剃り落とすこととともに行われていたようです

今でこそ健康な白い歯がいい!

そう行ってホワイトニングや虫歯にならないようにできるだけ自分の歯のエナメル質を守ろうとしています

確かにこの自分の歯のエナメル質を守るというのは理にかなっているのですが

もっと先の時代には今の時代を振り返るとえーそんなことがあったんだなあなんてことになるのかもしれないですね

もしかしたら虫歯になったらさっさと抜歯して新しい歯の種を植え込んでしばらくしたら健康な歯が生えてくるなんて時代が来るかもしれませんね

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

2016-12-18 23:18

犬歯の退化について考察する!

こんばんは

京都市伏見区桃山南口の仁科歯科医院の仁科真吾です

今日は歯の先天性欠如、矮小化について先ほど書いたのですが

今度は犬歯の退化について書いていこうと思います

ある一説から

エール大学の見解では直立二足歩行が顔面の突額性を弱めそのために切歯、犬歯が退化したのだ!とされている

犬歯のそもそもの役割は獲物を捕らえ肉を引き裂く事が主な役割だったはず

しかしここでゴリラを見てみましょう

ゴリラは草食動物であるにもかかわらず犬歯が発達している

これは何か意味があるのか?

そう

これは犬歯は敵を威嚇するためにも役立つと考えられているのである

社会生活の発達により威嚇をしなくてもよくなったので人にとっては必要がなくなったのかもしれないですね

以前付け歯というのが可愛いとはやった事があるのですが…

歯の上に付け爪のようにつける付け歯

いろんな事が流行るものだなあ

そう思ったこともあります

確かに人工歯をシェル状に削りつけることも、また模型上でその人にあった付け歯を作ることもできます

まさかこれがおしゃれに使われるとは

そうそうラミネートベニアという手法があるが

これは歯にセラミックのシェルを貼り付ける方法でした

歯をおもて面を少し削る方法でした

理由としては

色調の問題ー歯が黄色い、灰色だった

これを改善するため

虫歯が表面のみにある場合

などでした

個人的にラミネートベニアは歯をまあまあ削ること、外れやすいことからあまり好きではなかったのですが

最近グラディアベニアという手法を使用しています

ケースによっては歯を削らずに表面に処理をしてハイブリッドセラミックスを築成していくという方法です

即日に治療が完了することからこの手法は僕は好きな方法です

注意ーただ歯周病で歯茎から血が出ていたり、膿が出ていたりした場合接着阻害が起こり、また樹脂が黒くなるのであくまでも歯周病に罹患していない場合は当日処置が可能です

あった場合はこの処置をしてからですね

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

2016-12-18 01:47

歯の欠如と遺伝!

こんばんは

京都市伏見区桃山南口の仁科歯科医院の仁科真吾です

今日は少しあったかい日差しで昨日より暖かかったような気がするのは僕だけでしょうか?

診療室からお日様がさすとなんかホットします

今日は欠如しやすい歯についてまずは書きます

第三大臼歯

上顎側切歯

下顎第二小臼歯

この中で上顎の側切歯についての研究があります

上顎側切歯の欠如している近親者ーつまり親御さんから生まれた子供は通常の人の5倍の確率で欠如しているとの報告があります

しかし何が原因で欠損するのかは判明していないとのことなんです

また歯が小さくなる矮小化と欠如に関してはどうやら関係があるようです

矮小化が進むと欠損になるようです

矮小化に関しては歯が小さくなるということからやはり弱くなるという言葉が当てはまるかもしれませんね

何故ならばエナメル質もしいさいし、負担できる力も弱い力しかできないということになります

また欠損ともなればすきっ歯という状態

つまり歯と歯の隙間が空いている状態になります

欠損している部分を回復しようとすると

最も侵襲が少ない方法から書いていきます

1、樹脂で歯と歯の隙間を形態修正して隙間を詰める

2、入れ歯を入れる

3、ブリッジー隣と隣の歯を削り橋渡しの歯を入れる

4、インプラント

※インプラントといってももちろん人工物なので永久に持つというわけではないのでメンテナンスが必須です

もちろんブリッジであれ入れ歯であれ、樹脂であれメンテナンスが必要ですがインプラントメンテナンスは費用の面からも少し負担がかかるのでここで書きます

このインプラントのメンテは相場は1回1万円から2万円ぐらいのようです

もちろんすべての歯がインプラントの場合はもっとかかるかもしれませんが

こればっかりは医院によって価格が異なるためわかりませんが…

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

2016-12-17 17:35

犬歯は眼歯??

こんばんは

京都市伏見区桃山南口の仁科歯科医院の仁科真吾です

今日は犬歯についてお話ししていきますね

ほぼ毎日書いているこのブログなんのために書いているのか?

それは歯についての知識を得てもらいそして自分の健康を自分で守ってもらうために書いています

人は何か問題が起こらないと何もしないことが多いです

しかし、一回虫歯になって痛い思いをしたらその時はああ〜もうこんな痛い思いするの嫌だなあ

と思うか?もしくはあ〜痛みが止まってよかった〜です

ここから学ぶことはもう痛くならないようにするにはどうすれば良いのか?

これなんですね

まあこの辺りにしておいて

さて犬歯

全部の歯の中で実は根っこが最も長い歯です

眼窩に伸びていることから眼歯とも呼ばれています

最も遅く生えることにより生える場所がなくなり歯の並びー歯列からはみ出して唇側に並ぶこともあります

これを俗に八重歯と言います

そして最も長持ちする歯で70歳でやく三分の一の人で残っていることが多いのです

通常神経の本数は一本です

生えてくる時期は上の歯で11歳から12歳下の犬歯で9歳から10歳の間で生えて来ます

そして歯が作られ始める時期は胎生5から6ヶ月で歯胚が形成され始めます

歯胚とはまあ歯の卵みたいなもんです

歯の長さは全長27ミリです

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

2016-12-16 00:06

切歯

こんばんは

京都市伏見区桃山南口の仁科歯科医院の仁科真吾です

今日は切歯について書いていこうと思います

切歯ってなんや!

切るための歯?

そう前歯です

しかも真ん中の4本のことを言います

一番前にある歯を中切歯、その横にあるのを惻切歯と言います

その横が犬歯です

形はーシャベルのような形をしています

機能的にはものをかみ切るための歯です

通常神経の本数は1本です

歯の長さー上の中切歯ー23ミリぐらいです

下の中切歯は22ミリぐらいです

上の惻切歯は22ミリ

下の惻切歯はー23ミリぐらいです

そしてそして生えてくる順番は

下の中切歯が6から7歳で上の中切歯は7から8歳で生えてきます

惻切歯ー上8から9歳下7から8歳で生えてきます

実はこれらの歯が形成し始めるのは胎生5ヶ月ぐらいから始まります

つまりお母さんのお腹の中にいる時にもう既に形成され始めるということです

歯の頭ー歯冠完成は4から5歳 根っこが完成するのは9から10歳

!!そうなんです!根っこは歯が生えてからじわじわ完成します

この根っこが完成しない状態で虫歯になり神経の治療をしなければならなくなったら

根っこは完成されません

人工的に根っこを石灰化させる方法ーつまりお薬を入れて石灰化を促さなければならなくなります

人工的なものはやはり自然にできたものよりも弱く、しかもこの時期に神経がなくなると歯も脆くなり寿命が短くなります

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

2016-12-13 01:13

歯の解剖

こんばんは

京都市伏見区桃山南口の仁科歯科医院の仁科真吾です

なんとなく毎日使っている歯

痛くなった

歯がしみる

歯茎が腫れた

など困ったことが出てくると

ああ歯って大切なんだなあ

そう思うことはないですか?

歯の構造を書いていこうと思います

もちろん

前歯、奥歯で形が違ったり

歯の神経の本数が違ったりしますが

基本的にどんなものなのか?を少し知っておくことはいいかもしれません

fullsizeoutput_364

まず歯茎から上に出ている部分

これはエナメル質

ここには神経はありません

しみるなあなど、硬いものを噛んだ時に痛いなあ

など感じない部分です

だからおせんべいを噛んだらバリバリ食べれるわけで

次に象牙質

ここには象牙細管という細かい管が通っています

この中には水分が入っています

冷たいものを飲んだ時ーキーンとしみる、知覚過敏が起こる部分です

また甘いものを食べた時にしみる

これはこの中の水分が浸透圧、温度差で動き神経に当たるからです

これは動水力学説と呼ばれています

さて根っこの周りにある部分これを歯根膜と言います

これはかみごたえを感知します

またこの部分があるから脳に刺激が行き認知症になりにくいのです

また硬いものを食べた時にパッと口を開ける動作ーこれは反射と言います

体を守るための反射なんですねえ

真ん中にある部分ー神経、動脈、静脈です

神経とともに血管は走行しています

これによりはに栄養分を運んでいます

それによりしなりが出ます

この血管がなくなると歯は枯れ木のように脆くなるのです

歯の神経にはエーデルタ、とC線維というものの二つしかありません

エーデルタという神経繊維は鋭い痛みを感知します

C線維は鈍い痛みを感知します

つまり痛みを感知する神経しかないのです

熱いなあ、冷たいなあは全て痛い!としか感じないのです

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

2016-12-13 00:56

TO PAGE TOP

WEB診療予約※初診の方専用

このページの先頭へ