京都市伏見区の歯医者 仁科歯科医院 > 仁科歯科医院ブログ

仁科歯科医院ブログ

入れ歯の種類

こんばんは

京都市伏見区桃山南口の仁科歯科医院の仁科真吾です

歯を失った時にブリッジができない時に入れるものつまり入れ歯についてどんな種類があるのか?について書いていきますね

大きく分けて

部分入れ歯

総入れ歯

この二つがあります

そして材料の面でさらに別れていきます

ここでは保険が適応とか保険がきかないとかについては触れずに書いていこうと思います

部分入れ歯

マグネットを使用したマグネットデンチャー

特殊な維持装置ーつまりバネを使用した入れ歯ーコーヌス入れ歯、アタッチメント入れ歯

バーーつまり人工の歯を乗せている庄ー歯茎の部分をつなぐバーが金属の場合

金属庄

総入れ歯ー歯茎の部分の材料の違い

レジン庄入れ歯ーつまりプラスティックでできたもの

金属庄入れ歯ー部分的に金属でできた入れ歯ーチタン、コバルト、金などが使われる

シリコン庄の入れ歯ー歯茎の部分はプラスティックでできているがその下の歯茎と接する部分がシリコンで出来ている

これは体温で変形してくれるので吸着してくれることが多いものです

金属の特徴です

チタンは軽いという利点もあるのですがプラークがつきやすいという欠点もあります

そしてチタンは加工が難しいという欠点もあるのです

コバルトの利点

チタン、金と比べるとややコストが安くつきます

コバルトは変色することもある、やや重たいという欠点もあります

また金について

利点

生体親和性が良い

欠点

コストがものすごく高い

重たい

バネで使われる材料には様々なものがあります

白金、金、金銀パラジュウム、が主な材料です

バネ、庄、プラスティックこれらの複合で材料を使います

画一的なものではなく歯の状態によってどの材料を組み合わせて設計するのかも重要な点ではあります

特に白金は個人的に良い材料でバネに使用は最も良いイメージがあります

アイバークラスプというバネに使用することが多く

このアイバークラスプは余計な力がかからないため歯にとっては良い設計だと思いますがお口の状態によっては使えないこともあります

今回は情報を書きましたのでイメージが湧きにくいかもしれませんが

あなたの歯の状態を知っているのは長年付き合った先生ですのでよく先生とお話になられて設計を立てていかれるのが良いかもしれませんね

fullsizeoutput_437

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

2017-12-01 00:27

虫歯治療を嫌がる子供さんへの対応

こんばんは

京都市伏見区桃山南口の仁科歯科医院の仁科真吾です

子供さん

診察室へ入ってくるとやはり怖いのか?いやーって言われお母さんがお困りになられることも多いでしょう

そして歯磨きを嫌がるお子さんも多くお母さんも必死になっておられることも多いでしょう

じゃあどうするの?

について書いていこうと思います

虫歯

それはならないことに越したことはないですよね

だから毎日お母さんが子供さんに歯磨きしたの?

なんでしないの?

という問答が聞こえて来そうです

昔こんな歌がありましたね

古内東子の歌で追いかけられると〜逃げたくなる〜って

まさしくダメですね

子供さんの場合何か楽しませながらするというのも手かもしれませんね

まずはお母さんが一緒にお風呂に入っている時

お風呂の中で一緒に水あそびしながら歯磨きをしてみる

たとえそれが完全にできていなくてもその習慣をつける

あとでお母さんが仕上げ磨きをしてあげれば良いことなんです

徐々に習慣化できたらもう大丈夫です

そして虫歯になってしまったら

歯科医院に来ることだけ慣れさせる

まずは治療台に座ることから始め出来たら褒めてあげる

そしてフッ素だけ塗ってみる

そしてお掃除できるようにしてあげる

さらにお薬を詰めてみる

何回もかかります慣れるためには

でもここでお母さんが焦ってはいけません

お母さんが怒ってしまったら最後です

また慣れさせるのにあれこれ手を変えなければなりませんので

根気よく、

お母さんも子供の頃があったはずそれを思い出してあげて

もしくは何かを習得する時根気が行ったはずです

何かを乗り越えるためには山を小さくしてあげるか努力が必要なわけです

子供さんですのでこれは山を小さくしてあげる必要があるのではないかと思います

fullsizeoutput_205

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

2017-11-30 23:46

乳歯でも虫歯は治した方がいいのか?

こんばんは

京都市伏見区桃山南口の仁科歯科医院の仁科真吾です

診療所でブログを書いています

今日はなんか足元が寒いぐらい冷えますね

お悩みの相談が来ているのですが全然ブログ更新していなかったので今日は背中が痛くなるぐらいパソコンに向かって書いています

そして今日のお悩みは

乳歯でも虫歯を治した方が良いのか?

について書いていきます

乳歯

どうせ生え変わって永久歯になるから虫歯なんてほっといたらいいんじゃないの?

そう思われている方もおられるかもしれませんね

多分お問い合わせの方もそう思われているかもしれませんね

実は乳歯の下には永久歯の歯冠部つまり歯の頭ができできています

そして根っこは生えてから完成していきます

乳歯が虫歯になって乳歯の根っこの先に膿袋ーつまり囊胞ができた場合永久歯の歯冠を圧迫してしまいます

そして歯の頭の部分が嚢胞の形で凹んだような形になってしまうことがあります

乳歯が虫歯になり歯を早期に失った場合

この場合ー乳歯は永久歯が生えるためのスペースを保持している役割もあるんです

つまり

椅子取りゲームのような感じです

なくなるとスペースが埋まってしまいますので永久歯が生える場所がなくなってしまうんです

するとどうなるのか?

横に生えてしまって歯並びが悪くなってしまうことがあります

大きく分けて虫歯を治さなかった場合に起こりうることを書きました

しかし例外もあります

まだまだ生えたてで小さな初期の虫歯の場合

診療台にも乗れない場合

押さえつけて削るのはどうかと思います

この場合予防処置、虫歯の進行止めを塗布したりして経過観察を行うこともあります

なので治療イコール削るというわけではなく、様々なケースがあるということです

治療はやはりしなければなりませんし経過観察も清掃指導ーブラッシング指導、食事指導ーおやつの食べ方、間隔、なども含めて指導も治療の一環ですのでこれらを行う必要はあると考えます

一番いいのはやはり予防で虫歯にはならないのが良いのですが

子供さんはやはり粘着性のおやつが大好きなこと、乳歯はエナメル質が弱いということもありやはり気を使うところではありますね

そしてもう一点フッ素を一回塗布したから効果が何ヶ月も続くのか?というとそういうわけではないです

fullsizeoutput_205

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

2017-11-30 23:32

何歳から歯医者さんに行った方が良いの?

こんばんは

京都市伏見区桃山南口の仁科歯科医院の仁科真吾です

全国の方からの歯についてのお問い合わせ、お悩みについて今日は書いてますえ

そして今日は何歳から歯医者さんに行ったらいいのでしょうか?について書いていこうと思います

おそらくこれは小さなお子様をお持ちのお母様がお問いあわせ、お悩み相談してもらっているんだろうなあと思っています

おそらく予防なのかな?って思って書きますね

そうですね

これは実はお母さんのお腹の中におられる時からお母さんになった時から予防は始まります

え!じゃあ遅いんじゃないの?って思われることはないですよ

お母さんになられた方々へも向けても書いています

実はお母さんのお腹の中にいる時から歯の形成は始まっています

そしてお母さんの栄養の状態でもエナメル質、象牙質、セメント質は変わってきます

実際エナメル質形成不全という原因の一つにもお母さんの口腔ケアのことも影響している要因の一つなんですよね

もちろんお母さんの栄養からもエナメル質は作られるわけですのでお母さんももう一人の体ではないということを考えてくださいね

子供さんのことも考えてあげてくださいね

そして歯が弱いと将来虫歯になりやすいということになります

エナメル質は虫歯に対する抵抗の最も強い部分です

エナメル質の下の象牙質は柔らかいわけです

虫歯の抵抗はあまりないと考えてくださいね

そして早産、低体重児出産の原因の一つにも口腔ケアがあります

これは何か?

お母さんが歯周病に罹患していた場合

歯周病菌が歯茎から侵入し子供さんにまで移行します

するとこれらの原因で早く生まれてしまうため早産、低体重児出産になってしまうのです

というわけで

もっというとお母さんになる予定がある

もしくはお母さんになりたい!

そう思われた瞬間から口腔ケアを意識しなければなりませんね

というのが僕の意見です

母子手帳に歯科検診って書いてあるから歯科に来ましたっていうのではなく

実際なんで母子手帳に歯科なんて関係あるの?って思われる方が大半だと思いますが

実はそういう理由があるのです

誰も母子手帳の歯科検診のわけなんて話してはくれないし、理由なて話してくれなかったと思いますがこのブログでは説明しますね

fullsizeoutput_205

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

2017-11-30 23:17

歯医者さんの選び方

こんばんは

京都市伏見区桃山南口の仁科歯科医院の仁科真吾です

今日は全国の多くの方が悩んでいる歯医者さんの選び方について書いていこうと思います

多くの人の悩みを書いていきますね

1、痛くない歯医者さん

2、パッと終わる歯医者さん

3、待ち時間がない歯医者さん

という感じでしょうか?

痛くないというのは痛みのある時ー麻酔が痛くないという意味かなって思います

麻酔ーこれには様々な麻酔があり麻酔の前に表面麻酔というものがあります

様々な表面麻酔があり最近僕がお気に入りはキシロカインスプレー、リドカインスプレーという表面麻酔です

よく効きます!

抜群に痛くないと思います!

自分で試しましたので絶対って言っても良いかな

基本僕は痛がり、怖がりなので自分で試してよかったものを使うことが多いです

このスプレーを使って欠けた歯を取ったんです

全然痛くなかった〜〜〜

るんるん!って感じです

話は戻ります

この麻酔の前に行う表面麻酔を行ってから麻酔をかけると痛みがマシです

そして針最も細い33ゲージという麻酔の針を使用します

また麻酔の液体を事前に温めておくとさらに良いです

2番目のパッと終わる歯医者さん

虫歯が小さければすぐに詰めれますが

口の中が汚れている場合すぐに詰められないことが多いです

なぜ?

虫歯菌、歯周病菌がたくさんいることがわかっていてバーーーっと削って詰めた

この時削った部分に虫歯菌、歯周病菌が入っているリスクかなり高いですよね

その時はいいかもしれませんよ

でも多分すぐに悪くなります

例えばすぐに虫歯になった

これはなるべくしてなったわけですよ

歯茎からの出血が多い場合樹脂はくっつきません

または変色します

なぜなら例えば綺麗なガラスの面に何かをくっつけるとどうですか?

外れないでしょ

同じですね

綺麗な部分に詰め物を詰めないと隙間ができていたりくっつきが悪かったりしますので基本しない方が良いです

というかしてはいけないはずですね

3、待ち時間が長い

これはどうですかね

患者さんがいつ行ってもおられない待ち時間がないお医者さんって僕は怖くていけませんが

というか食べ物屋さんでもいつも誰もいないとこになかなかいきにくいような気がします

まあこの件に関しては判断されるのがよろしいかと思いますが

fullsizeoutput_205

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

2017-11-30 23:01

親知らずが生える理由

こんばんは

京都市伏見区桃山南口の仁科歯科医院の仁科真吾です

親知らず…

ああ〜抜歯しなきゃいけない!?

どうしよう?

なんで親知らずなんて生えるんやーって思っている方へ

今日は親知らずについて書きますね

まずは

親知らずー智歯、8番とも呼ばれ通常18歳から25歳までに生えてきます

生えてこなくてもレントゲンで確認すると存在することがあります

生えてこない時ー前の歯に当たってつっかえて生えてこない場合、もともと無い場合、顎が小さくて生えるスペースがない場合

すごくたくさんの理由があります

親知らずはなぜあるのか?

昔人間は硬いものを噛まなければなりませんでした

ですので顎が発達してもう一本つまり親知らずが生えるスペースがある必要があったためであると言われています

しかし文明の発達により食べ物は火を使い柔らかいものになりあまり噛む必要がなくなったのです

そして顎が小さくなったわけです

このためこの親知らずは必要がなくなりもともと無いという人がいたり、生えるスペースがないため顎の中に埋まったしまっていることが多いのです

完全に骨の中に埋まっていれば良いのですが骨に埋まっていなければ歯茎の中だけに埋まっていることがあります

この場合感染経路ーつまり磨けない、殺菌性のうがい薬が届かないためばい菌が繁殖します

そして腫れるわけです

この時腫れる原因としては可能性は2つ

1、ばい菌に対する抵抗力が弱ったーつまり疲れてしまった、風邪、全身疾患により抵抗力が落ちた場合

全身疾患で特徴的なものは糖尿病

2、ばい菌の数が多い場合

この部分だけが多いわけではなくお口の中は一個の単位と考えてください

全体の数が多いとそれ以上にこの親知らずの部分は多いはずです

つまりここが腫れるとういうことは全体的に何か制す不良が起こっている可能性があるかもしれません

例ー重度の歯周病

親知らずー腫れるは実は=ではなく

腫れる=抜歯ではないということです

まずは清掃つまりブラッシング、殺菌性のマウスウォッシュを使う、など何か改善できることから考えてみてはいかがでしょう?

ただただ親知らずを忌み嫌うのではなく

どうしたら腫れなくなるのか?そのためにはどうしたらいいのか?どう改善すれば良いのか?

自分が変われば何かが変わるかもしれませんね

fullsizeoutput_205

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

2017-11-30 22:46

矯正治療のメリットと気をつけること

こんばんは

京都市伏見区桃山南口の仁科歯科医院の仁科真吾です

当医院は矯正は行っておりませんが

矯正治療のメリットと気をつけることについて書いていこうと思います

このブログは歯についてみんなの知りたいことを書いていき情報を書いていくためのブログですので

矯正治療ー歯の並びを綺麗にすることを目的としている治療です

様々な方法が近年行われており

マウスピースを付け替えながら行う方法

抜歯を行わずに矯正を行う方法

矯正線が見えないように歯の裏から矯正を行う方法

まあいろんなものがあります

ともかく歯を綺麗な並びにするために行うのですが

矯正を行っている時

やはり清掃がむづかしくなりますね

矯正線があったり、ずっとマウスピースをつけておくわけですので

矯正線の場合

様々な清掃用具を用いて清掃を行うわけですがやはり複雑な部分まで汚れが取れるわけではないので通常定期的に清掃を医院で行っておられるはずです

そしてブラッシング、清掃指導が行われるはずなんですね

汚れているを虫歯になったり歯周病になったり

歯が綺麗に並んでも虫歯で見た目が詰め物だらけになったらやはり嫌じゃないですか?

マウスピース矯正

これはやはり歯をマウスピースで覆っているので自浄性がなくなりますね

つまりマウスピースの中は虫歯菌、歯周病菌の温床になるわけですよ

そうするとやはり虫歯、歯周病が進行しますね

歯が綺麗に並んでも歯を支える骨がなくなっていたら

やはり嫌じゃないですか?

矯正のメリットはやはり歯並びを綺麗にして美しく見せたい!

だと思うんですよね

気をつけることは

毎日3回いろんな機械を使って磨いているから、ーフロス、タフト、歯間ブラシ、など、頑張っているから、ガムを噛んでるから

大丈夫!!

という過信が非常に危険です

たくさんの器具を使ったら良いというわけでは無いんですよ

頑張ることに目標が行ってしまってます

目的は綺麗に歯が並んだ、そして健康的に見えること!

なのでプロケア、プロの清掃指導を受けて

矯正後も虫歯、歯周病になっていない状態を作ることを目指して頑張ってください

fullsizeoutput_205

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

2017-11-30 22:17

インプラントのメリットとデメリット

こんばんは

京都市伏見区桃山南口の仁科歯科医院の仁科真吾です

久々のブログの更新です

これもMacBookを購入したせいでしょうか?

持ち歩きのiPadをMacBookにしたのでバリバリ更新です

みんなが知りたい歯シリーズ第二弾

インプラントのメリットとデメリットについて書いていきます

まずはインプラントのメリット

1、しっかりものが食べられる

2、隣の歯が健全な歯の場合

欠損部分にインプラントを一本入れるだけで健康な歯を削らなくても良い

つまり虫歯でもない歯を削らないので長持ちする

3、総入れ歯が6本入れることにより総入れ歯で無くなる

オールオン6という方法です

これはノーベルバイオケアというインプラントの方法ですのでどこの歯科医院でもやっているというわけではありません

4、入れ歯が取れやすい場合外れにくくなる

つまり入れ歯の下にインプラントを埋め込みインプラントの上にマグネットや引っ掛ける装置を入れると入れ歯が外れることが少なくなります

さて次にみなさんが知りたいインプラントっていい部分ばかり聞くけど何か問題点ってないの?についてです

インプラントの欠点

1、永久に持つものではない

つまりインプラントは現段階で最高の補綴物であることは間違いないです

しかし

やはり人工物です

人工物には寿命があります

どの装置がどれぐらいで壊れるのか?

それは日々のお手入れ、メンテナンスによっても変わってきますのでなんとも言えないですがとにかく永久に持つことはありません

2、費用面

インプラントは保険が適応されませんので完全に自費です

つまり

入れる時も自費、メンテナンスも自費治療となります

そして抜く時も…

何から何まで自費です

インプラント手術は通常30万ぐらい費用がかかります

そして上の土台、歯合わせて20万ぐらいが通常のようです

一本あたりの計算です

メンテナンスは1万5千円ぐらいが相場のようですが

あくまでも相場です

高価なものにはやはりそれなりの理由があるわけです

インプラント本体に何か特殊な処理がなされていて骨とくっつきやすいように工夫されている

など

特殊な土台ーカスタムアバットメントを使わなければインプラントが埋まっている方向と歯の並びが合わない

これはインプラントはやはり骨があるところに埋めなければなりませんのでやむを得ないことがあります

磁石など特殊な加工をなされている

入れ歯の場合ー磁石を使うこともありますのでこれはやはり設計段階でご説明があると思います

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

2017-11-30 21:58

インプラントとは

こんにちは

京都市伏見区桃山南口の仁科歯科医院の仁科真吾です

今日は11月の最終日

だんだん寒くなってきましたね

今日はインプラントって何?

について書いていこうと思います

インプラントー簡単に言えば金属でできたネジのようなボルト

材料はチタンでできていることが多く

なぜ?

チタンはやはり生体親和性が良いためです

このチタンの骨と接する部分に様々な加工がされていることが多いのです

そして埋め込む部分ー歯槽骨と呼ばれる部分とくっつきやすくするためです

骨とくっつくことをオステオインテグレーションと呼びます

くっついてからこの上に歯を立てていきます

上のものを上部構造と呼びます

アバットメントと呼ばれるネジ止めのもので高さを作りその上に歯を作ります

セラミックの歯であったり、ゴールドという金の歯であったり、ハイブリッドセラミックという歯を選ぶことができます

そしてメンテナンスできるように仮止めを行います

インプラントで気をつける事は骨の中に埋めるのでやはりしっかりした骨の量、質が大切になります

スカスカの部分、もしくは埋める骨の量がない場合

やはり寿命は短いためです

これを調べるのが術前のCTなのです

また気をつける事

インプラントは高額であるため多くの人は永久に持つものであるという錯覚を覚えます

しかしどんな効果な歯でも失ったことに原因があります

歯を失う原因ー歯周病、虫歯、囊胞、様々な原因があります

がこの中で最も多いものは歯周病なんです

インプラントにしたら、歯を抜いたから、入れ歯になったからと行って永久に持つものではないのです

お口の中に歯を失うほどのばい菌ーつまりここでは歯周病菌がいることを意味します

これは残念ながらゼロにはなりません

インプラントは骨の中に埋まっている人工物です

インプラントの周りの骨を溶かすことによりやはり抜けてしまいます

僕らの世界ではインプラントが抜けることをロストしたと言いますが

これはインプランタイテストというものです

つまり歯周病のようなものです

いや歯周病です

毎日のケア、医院ケアをしなければなりません

そして残念ながらこのインプラントのケアは保険は使えません

通常一回1万5千円ぐらい費用がかかることが多いようです

ただしー複雑な機構の上部構造、本数が多い場合などはもっと費用がかかることがありますのでこの限りではありません

一生何にもしなくて良いものって

車にしろ、家にしろ、

どうでしょうか?

何もないですよね

メンテをしておく、何かにあらかじめ備えておくこれが大切なような気がするのですが…

fullsizeoutput_205

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

2017-11-30 21:39

口が渇く

こんばんは

京都市伏見区桃山南口の仁科歯科医院の仁科真吾です

今日はInstagram用のミラーレスを買いました

これまたラッキーなことにセールのものが最後の一個だったんです

ダブルレンズセット!

店員さんに聞いてよかった〜

Instagramにあげるなら機種なんてどれでもできますよ

それよりもレンズですね!って

マクロレンズも購入しました

実際帰ってから使ってみると僕でも綺麗に撮れたような気がしています

朝、口が粘つく人

食事にお茶、お水をたくさん飲まないと食事が喉を通りにくい

絶えずペットボトルのお水を持ち歩いている

なぜなら

口が渇くから

そして何か口臭がするような気がする

こういうことでお悩みの方、たくさんおられるはずです

唾液腺マッサージ、などテレビでやっているがあんまり効果がない

そして酸っぱいものー梅干し、レモン、を食べる

唾液が出ない

この原因としてはある病気が関係していることがあるんです

シェーグレン症候群

症候群というのは原因不明ということなんです

この病気ははっきり言いますと

対症療法しかないんです

対症療法というのは

そう人口唾液を使ったり

マウスウォッシュを使ったり

唾液が出なくて困ってるんです

よく聞きます

でもね

これは一生付き合っていかないといけない病気なんです

ずっと付き合っていく病気の中には

甲状腺疾患、糖尿病、透析、歯周病、自己免疫疾患、実はたくさんあります

まとめていうと生活習慣病と言われることも多いんですよね

現実は現実として受け止めて前に向いていかなければならないんですよね

fullsizeoutput_205

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

2017-11-27 00:03

TO PAGE TOP

WEB診療予約※初診の方専用

このページの先頭へ