京都市伏見区で口臭・歯周病・いびき治療、リフトアップの歯医者をお探しなら仁科歯科医院まで

京阪宇治線「桃山南口」駅から 徒歩0分

仁科歯科医院

診療予約はこちら
TEL.075-601-2675 WEB診療予約

エナメル質の硬さと切削器具

2014.11.25 #未分類

こんばんは

京都市伏見区桃山南口の仁科歯科医院の仁科真吾です

今日はあいにくの雨ですね

紅葉も散ってしまうのではないかなあと思いますがまあ僕はテレビで見るぐらいなんですよ

さて今日は歯の硬さのお話

歯で硬いものを噛めるのはなぜか?

歯の表面を覆っているエナメル質は非常に硬いのです

硬さの指標でモース硬度というのを聞かれたことがあると思います

エナメル質は10段階中で7なんです

ちなみに2、5の硬さは人間の爪、象牙

3、5は銅製硬貨

5はガラス

です

歯を削るためにはエナメル質より硬いものを使わなければなりません

硬度10のダイヤモンドを使用しています

ダイヤモンドバーというものです

これをタービンというものに付け高速回転し切削しています

この回転するときの音がみなさんが嫌いな音きーんです

漫画のアラレちゃんもキーンという音で走るようですがこれは高速で走っていますよと言う事なのでしょうか?

多分そうでしょう

キーンは圧縮空気で回転させる音なんですよ

これで削らないとキーンは聞こえません

ウォーターレーザーは水をレーザーで加速します

バチバチバチという音がします

アクアカットクアトロは強圧アルミナを吹き付けて歯を削ります

シャーという音がします

まあ圧がいるので隣にコンプレッサーがあるのでそちらの音の方が大きいですが

ネット予約はこちらから E-PARKからの予約はこちらから