京都市伏見区で口臭・歯周病・いびき治療、リフトアップの歯医者をお探しなら仁科歯科医院まで

京阪宇治線「桃山南口」駅から 徒歩0分

仁科歯科医院

診療予約はこちら
TEL.075-601-2675 WEB診療予約

フロスか、さもなければ死か?

2015.11.25 #未分類

フロスか、さもなければ死か?floss or die

さあこんばんは

京都市伏見区桃山南口の仁科歯科医院の仁科真吾です

今帰ってきました!

サークルkで子供の朝ごはんのパンを買ってそれから帰ってきました

そして本棚で面白そうな本を見つけたのです

歯は命という本です

サラサラーっと見てますと

フロスをしますか?それとも死にますか?というページを見ています

有名な言葉なんですよ!ああこれまだ書いていないなあと思いながら書いています

アメリカでの言葉なのですが

しっかりケアしましょうということなんですが

なぜかというと歯は全身疾患と関係があるのは向こうでは当たり前の認識なんですね

そしてケアすることも定期検診に行くことも

しかし日本ではほとんどこんな言葉すら知られていないかもしれません

僕は以前から口腔と全身疾患についてブログで書いているのですが

フロスと歯間ブラシついてお話しますね

詰め物が多い方は毎日していると詰め物が外れることもあろうかと思いますが….

また歯間ブラシでゴシゴシすると歯と歯の隙間が広がる傾向があるので注意ですが

1、デンタルフロスーワックス付き

なぜワックスが付いているのかというと滑りがいいようにです

決してワックスコーティングしても意味がないので….

2、デンタルフロスーワックスなし

ワックスなしの方がよく磨けます

中にはフッ素付きのものもあるのです

3、歯間ブラシ

sssからLまであります

歯と歯の間に無理して入れないようにしてください

 

ネット予約はこちらから E-PARKからの予約はこちらから