京都市伏見区で口臭・歯周病・いびき治療、リフトアップの歯医者をお探しなら仁科歯科医院まで

京阪宇治線「桃山南口」駅から 徒歩0分

仁科歯科医院

診療予約はこちら
TEL.075-601-2675 WEB診療予約

入れ歯のケア

2014.08.19 #未分類

こんばんは

京都伏見桃山南口の仁科歯科医院の仁科真吾です

今日は入れ歯のケアについてお話します

ケアー医院ケア、自宅ケアこの二つが必要な訳ですが

医院ケアー当医院ではレンフェルト社のシンプロでの殺菌を行います

自宅ケアーまず義歯ブラシで汚れを取ります

そして義歯洗浄液で殺菌を行います(もちろん医院での殺菌よりは弱いですが)

入れ歯専用ぶらしは義歯は樹脂ですので傷を付けないようなものになっています

普通の歯ブラシを代用してはいけないです傷が付きその傷にバイキンが入り義歯を壊れやすくしたり、誤嚥性肺炎の原因となる細菌の温床となったりしますまた粘膜に炎症をおこし粘膜の発赤を起こしたりし入れ歯を支える骨の吸収がおこり入れ歯が合わなくなります

つぎに入れ歯洗浄剤ーいろんな物が出ています

皆さんなにを基準にお選びになっていますか?

よく聞いた名前だから?

がほとんどかも知れません

プロである僕たちが選ぶのには

入れ歯をいためない、殺菌力、この二つがまず優先されます

え!入れ歯をいためるの?と思われるとおもうのですが中には義歯のバネを腐食させる物があります

僕は色々探しましたがこのニッシンさん(歯科の樹脂を主に使用した製品を取り扱う会社が作っているようです)が出しているキラリが良いと思います

宣伝ではありませんーあくまでいいなあと思った物を僕は載せているだけです

バネをいためませんし殺菌力もあります

そしてなかなか入れ歯の殺菌器械というものを持っている医院さんは無いと思うのですがレンフェルト社のこの器械はドラム方式で殺菌します

もちろん入れ歯専用殺菌薬を入れるのですがー

 

IMG_0294 IMG_0292 IMG_0260

ネット予約はこちらから E-PARKからの予約はこちらから