京都市伏見区で口臭・歯周病・いびき治療、リフトアップの歯医者をお探しなら仁科歯科医院まで

京阪宇治線「桃山南口」駅から 徒歩0分

仁科歯科医院

診療予約はこちら
TEL.075-601-2675 WEB診療予約

歯ブラシの選び方と予防歯科

2015.01.06 #未分類

こんばんは

京都市伏見区桃山南口の仁科歯科医院の仁科真吾です

今日は予防のお話もします

なんどもブログでお話していますが

痛くならないようにするには、自分の歯を守るためにはどうすればいいのか?

自宅ケア、医院ケア、定期管理に尽きます

このなかの自宅ケアで使う歯ブラシはどんなものがいいのか?についてお話しましょう

1、大きさ

2、形

3、用途

について書いていきますね

1、大きさ

虫歯予防、歯周病予防、年齢において様々なものがありますが今回は大人ようについてお話します

子供さんは医院で選んでもらうのがベストです

虫歯、歯周病どちらでもオッケーなのですが毛の列は3列の方がよいです

理由ー小回りが利くためです

2、歯ブラシの形

システマタイプ、通常のまっすぐなものなど様々なものがありますが

システマタイプは毛先が細いですのでかみ合わせの面をごしごししてしまうと毛がすぐに曲がってしまいます

そしてそれぞれ歯周ポケットの深さは異なるため細かく言うと医院でポケットの深さを知りご自身に合うものを選びましょう

3、用途についてですが上の二つのことから

虫歯、歯周病対策両方に使用することが多いので普通の三列のまっすぐのタイプを選ばれた方が良いです

また柔らかすぎると清掃能力が下がります

また固すぎても歯茎を傷つけることがありますので一概にはいいとは言えません

極論を言うと歯ブラシで僕や歯科衛生士に使ってもらって一番よいものを調べました

ライオンのデントマキシマというものです

goods_a05_off

 

これが僕が使って一番良かった物です

歯周病に使ってもよし、虫歯の予防にもよし

柄の部分からの毛の長さも長すぎず短すぎず清掃能力が高いです

患者さんの中にはよく似たものを買ったけどやっぱりこれが良かったとご意見をいただいております

極論を言えば医院でご自身のお口に合った歯ブラシを選んでもらった方が良いと思いますが

ネット予約はこちらから E-PARKからの予約はこちらから