京都市伏見区の歯医者「仁科歯科医院」 TOP > タンパク除去効果もある新しい除菌水 POICウォーター

タンパク除去効果もある新しい除菌水 POICウォーター

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

今!パーフェクトペリオからPOIC(ポイック)ウォーター

除菌だけではなくタンパク除去効果も追加機能された新しい除菌水
POICウォーター

POICウォーターとは?

POICウォーターとは?

POICウォーターは、不純物を極限まで取り除いた「超純水」と純度99.9%「ローブロム塩」を混合し、電気分解した除菌水です。薬品などを全く使用していないのが特長です。POICウォーターはタンパク質汚れ(プラークや歯垢)を分解する働きがあるので、口臭予防・むし歯菌・歯周病菌を除菌することができ、除菌後は水に戻る性質があります。一般の歯科医院で使用されている機能水は弱酸性ですが、当院の機能水は弱アルカリ性で設定されています。そのため細菌ウィルスの除菌が可能になります。

市販されている洗口液との違い

お口の洗浄や虫歯予防に使用される市販の洗口液は、殺菌力を高めるために薬品が使用されている場合がありますが、薬品を使用することなく生成されたPOICウォーターなら、誤って飲み込む心配のあるお子様や高齢の方でも使用していただけます。 口臭治療、歯周病改善、虫歯予防などを目的にした口腔洗浄にお使いください。

「歯がざらつく」「口がネバネバする」「口臭が気になる」

これらの症状は、口腔内の細菌によるものです。虫歯ができやすい、口臭が気になる、歯周病の方はPOICウォーターでのホームケアをお勧めしています。

POICウォーターでお口から全身の健康を守りましょう!

虫歯や歯周病、口臭は病原菌が原因の感染症です。病原菌が様々な理由で血管に侵入すると、全身疾患を引き起こす恐れがあります。
(例:誤嚥性肺炎・心筋梗塞・脳梗塞・リュウマチ・糖尿病の悪化・掌蹠膿庖症など)
予防のためには、お口の除菌を行うことが大切です。

POICウォーターは、歯垢・プラークなどのタンパク質汚れを分解洗浄することができる新しい除菌水です。お口から全身の健康を守りましょう!

治療用と自宅用で濃度が異なります

治療用 自宅用
  • 治療用濃度

1,000ppm
(残留塩素濃度1,000ppm ph9)

治療用には残留塩素濃度1000ppm(ph9)のPOICウォーターを使用します。
口腔内全体の歯周病菌や汚れの膜「バイオフィルム」の除去や歯周ポケット内部の歯周病菌を除去します。
また、舌苔除去のクリーニングにも使用します。

  • 自宅用濃度

500ppm
(残留塩素濃度500ppm ph6.5)

自宅用POICウォーターの残留塩素濃度は500ppm(ph6.5)です。
毎日のブラッシング中やブラッシング後に使用していただくことで、除菌効果が継続されます。

POICウォーター使用とお口の中の菌数の変化と虫歯発生率

タンパク分解型除菌水POICウォーターの使用回数と口腔細菌の変化

1日に2~3回使用している場合

Subject:16(A)(1年4ヶ月)

男性8人 平均年齢(70.3) 平均治療歯数(11.6) 平均欠損歯数(5)
女性8人 平均年齢(57)  平均治療歯数(10.6) 平均欠損歯数(4.3)

ブラッシングのみでまったく使用していない場合

Subject:12(B)(1年4ヶ月)

男性8人 平均年齢(70.3) 平均治療歯数(11.6) 平均欠損歯数(5)
女性8人 平均年齢(57)  平均治療歯数(10.6) 平均欠損歯数(4.3)

タンパク分解型除菌水POICウォーターの使用回数と口腔細菌の変化

日本補綴歯科学会2015年発表資料より

口腔内細菌の変化

POICウォーターを使用した場合としていない場合を比較したところ、POICウォーターをブラッシングの際に使用することで、口腔内細菌が減少すると認められました。
日々のブラッシングだけでは口腔内の除菌は難しく、虫歯になりやすい口腔環境が続いてしまいます。虫歯が再発しやすい方は、口腔内環境を改善する必要があります。

過去1年4ヶ月におけるPOICウォーター使用回数と虫歯発生率

過去1年4ヶ月におけるPOICウォーター使用回数と虫歯発生率

日本補綴歯科学会2015年発表資料より

過去1年4ヶ月におけるPOICウォーター使用回数と虫歯発生率

POICウォーターを毎日使用している方は、虫歯の発生はほとんどありませんでした。
対して、全く使用していない方は69%も虫歯の発生が認められました。

ブラッシングもしっかり行なえていれば虫歯の発生を防ぐことができます。

奥歯などに治療済みの歯が多い方、何度も虫歯治療をされている方などは、歯の被せ物や詰め物と歯の段差がある箇所がみられます。ブラッシングだけでは、たとえ丁寧に行なったとしてもプラークを完全に取り除くことは困難です。
そのため、虫歯が再発する可能性が高くなってしまいます。

 

ご相談・お問い合わせはこちら

診療予約はこちら

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

 

TO PAGE TOP

WEB診療予約※初診の方専用

このページの先頭へ