口元に手を当てていませんか?-口臭について-

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
00

こんばんは

京都市伏見区桃山南口の仁科歯科医院の仁科真吾です。

ランチのときにまわりを見回してみると、女性同士、老年のご夫婦、学生さんと思われる二人組みなどがいたとします。そして会話している姿をじっくり観察してみると、手を口に当てている方が多いことに気づきます。

縦に手を当てている方、手を横に当てている方、グーで口元を当てる姿、鼻に人差し指を持って行きさりげなく口元を隠す方、隠し方はさまざま。一方で歯の根っこまで見えるくらい大きく口を開けて笑っている方や話している方もいます。

正面を向いて話す方、相手の横に座って話す方など、そのスタイルもさまざま。これはカップルだけではなく、女性同士で横に並んで座っている方もよく見かけますね。

口元を隠す理由にはどんなことが考えられるだろうか?

1、歯並びが気になっている
2、食べたものが歯に詰まっていたら恥ずかしい
3、口臭が気になる
4、前歯の虫歯が目立つ

01最近、歯並びが気になって口元を隠す方は減っているように感じます。むしろ虫歯や歯周病が恥ずかしい、歯と歯の間に食べものが詰っていないか、そんな不安を抱えている方が多いように思います。

虫歯は普段の生活でも気になりやすく、自然と手や唇で歯が見えないように隠してしまいがち。歯周病で歯茎が下がってくると、歯と歯の間に隙間ができて食べものが詰りやすくなります。それを隠してしまうという方も多いのではないでしょうか?

そして、意外にも多いのが口臭のお悩みです

口臭は、口元に手を当てても隠しきれないので、とてもデリケートで対策も難しい問題です。その対策としてマスクをしたり、ガムを咬んだりしている方もいらっしゃるでしょう。

・ずっとマスクをして生活できますか?
・ガムを咬み続けることはできますか?

そんなことは不可能ですよね。たとえば、営業の方がガムを咬みながらお客様とお話をするなんて考えられません。しかし、ガムの香りは時間が経てば効果もなくなってしまいます。その効果が持続する時間を調べてみたところ、15分くらいが一般的なようです。

大切な彼女や彼氏とのデート、営業先での会話、仲間との楽しい食事会、たった15分で済ませることはできませんよね?そんな最も解決が難しい口臭の問題について、当院にご来院された患者様を例にご紹介します。

ケース1 ある女性の場合

こちらの女性は、仲のいい友達から「あなた、お口からドブの臭いがするわよ」と言われて不安になり、原因を知るためにいらっしゃいました。解決方法やケア方法を知りたくてご来院されたそうです。

ケース2 既婚の男性の方

40歳で自営業を営んでいられる男性の方は、奥様から「あなた口臭がするわよ!」と言われネットで探して当院に訪れたそうです。

ケース3 既婚女性のケース

こちらの方はご主人から「お前口臭がするぞ!」と言われショックを受けて来院されました

これらのケースに共通しているのは、誰かに指摘されてご来院されているということです。口臭は自分では気がつきにくいもの。そして、結婚されている方、またものすごく仲のよい方でないと指摘してくれません。なぜなら口臭を指摘するということは、とてもデリケートな問題だからです。もし、私が業者さんの口臭が気になっても、絶対に指摘できないと思います。

中にはご自分で気づかれる方も

自分自身で気づきにくい口臭ですが、中には自分で気づいて来院される方もいらっしゃいます。そんな方の例をご紹介します。

1. 風邪をひいてマスクをしていると、ふと自分の息の臭いが気になり出した
2. フロスをしていると嫌な臭いが口中に広がって気になった

上記のようなケースで当院に来院される方もいらっしゃいます。このようにご自身で気づかれた方の多くは、自分の口臭に驚いて相談にきます。

口臭の原因

臭いの原因は、主に以下の3つとなります。

・硫化水素
・メチルメルカプタン
・ジメチルサルファイド

この中の2つは歯周病菌が出す物質ですが、歯周病の進行とともに臭いも強烈なものとなります。しかし、口臭と同様に歯周病も症状があまりないため気づきにくいといった特長があります。

歯周病で来院される方は、歯が揺れてきた、硬いものが咬めなくなってきた、歯と歯の間にものが詰るようになったといった症状があり、重度まで進行しているケースが多くなっています。

あなたは歯周病ではありませんか? もし気になることがありましたら、まずはフロスを歯と歯の間に通してみてください。または歯間ブラシを通してみてもよいでしょう。いかがでしたか?

口臭の原因は歯周病菌の可能性が高い

02

口臭が発生する原因として多いのが歯周病によるばい菌です。この原因を特定するには、口臭のガスを分析する必要があります。そこで登場するのはオーラルクローマーです。歯周病が口臭の原因だとわかれば、歯周病菌の殺菌治療とご自宅での専用剤を使ったホームケアで改善できます。そして歯周病菌の殺菌に効果的なのが、うがい水である「パーフェクトぺリオ・ラプチャー」です。

パーフェクトペリオ・ラプチャーについてのQ&A

Q1|1回殺菌すれば完治しますか?
A1|口の中の歯周病菌をゼロにすることはできませんが、医院での治療後はかなり少なくなりますので口臭は改善されます。ただし、一時的なものですので、自宅のケアもしっかり行いましょう。
Q2|医院で処置するだけで大丈夫ですか?
A2|いいえ、歯科医院での処置だけでは完璧とはいえません。ご自宅での歯磨きや舌のケアにもパーフェクトペリオ・ラプチャーを使ってください。
Q3|口臭検査は毎回しますか?
A3|いいえ、ある程度治療や自宅ケアを実施してもらい、改善されているかを確認するために口臭検査を行います。2ヶ月毎ぐらいに判定するとよろしいかと思います

口臭の原因として多い歯周病。そのまま放置していれば歯も失ってしまう可能性があり、細菌もお口の中に留まってしまいます。そこで有効な治療を行い、正しく導くことが重要です。近年では、歯周病がお口はもちろん、全身疾患と関連があるという報告もあります。この機会に口臭検査からはじめてみることをおすすめします。

当院の口臭治療については、当院ホームページ「仁科歯科医院 口臭専門外来」で紹介しているので、是非ご覧ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。