京都市伏見区で口臭・歯周病・いびき治療、リフトアップの歯医者をお探しなら仁科歯科医院まで

京阪宇治線「桃山南口」駅から 徒歩0分

仁科歯科医院

診療予約はこちら
TEL.075-601-2675 WEB診療予約

歯が当たると痛い3つの原因と対策について

2015.11.12 #未分類

こんにちは

京都市伏見区桃山南口の仁科歯科医院の仁科真吾です

歯が当たると痛い場合どんなことが考えられるのか?

 

食いしばり

歯周病 神経の化膿している時

この三つが考えられるとおもいます

1、食いしばり

異常な力が働き歯を支える歯と骨の間の歯根膜というクッションが炎症を起こします

食いしばりと言っても様々なものがあります

日中力を入れて食いしばっている場合

夜中に無意識に歯ぎしりをする場合

日中の場合は意識的に食いしばりをしないようにすればまだいいのですが

夜中はそうもいきません

夜中歯ぎしりをする場合ナイトガードという装置を入れて歯ぎしりから歯を守る必要があります

でないとどうなるか?

朝起きた時に歯がだるいなあ

もしくは長期続く場合歯が摩耗してしまいます

2、歯周病の場合

歯を支える周囲の骨が減るため必然的に噛めなくなります

そして歯がグラグラすると噛めば痛いということになります

重度の場合ー抜歯、延命なのかを患者さんと決めなければなりません

延命ーエナメルボンドシステム、ウィングロック、などで固定を行いますが揺れが強い場合なかなか持たない場合もあります

3、神経が化膿している場合

これは歯の先まで炎症が波及してしまいますので先ほどお話しした歯の先のクッションー噛み応えを感じる組織ー歯根膜という部分がダメージを受けるためです

この場合の対処は根の治療を行いますー消毒を何回も行わなければなりません

 

 

 

 

 

 

ネット予約はこちらから