京都市伏見区で口臭・歯周病・いびき治療、リフトアップの歯医者をお探しなら仁科歯科医院まで

京阪宇治線「桃山南口」駅から 徒歩0分

仁科歯科医院

診療予約はこちら
TEL.075-601-2675 WEB診療予約
【口臭・歯周病治療】の記事一覧
  • 歯石と歯周病

    2024.02.11 #口臭・歯周病治療
    京都市伏見区桃山南口の仁科歯科医院の仁科真吾

    歯石と歯周病

    京都で歯周病治療に力を入れている京都市伏見区桃山南口近くの仁科歯科医院です

    このブログでは歯医者で歯周病について聞くのが恥ずかしい方の参考になればと書いているブログです

    ご自身でも歯周病のチェックをできるようにリスト載せておきます

    歯周病セルフチェック

    歯茎が赤く腫れている

    歯と歯の間の歯茎が腫れぼったい

    歯茎が疲れたときに腫れやすい

    歯茎が下がってきた

    ブラッシング時に血が出る

    起きた時口の中がネバネバする

    歯が揺れる

    硬いものが食べにくい

    歯が揺れる

    前歯が出てきた

    口臭が気になる

    歯茎が痒い痛い

    歯と歯の間に隙間ができた

    歯が長くなったような気がする

    本日のブログ

    歯周病と歯石:歯の健康を守るための重要なポイント

    歯周病と歯槽膿漏は、口腔内の健康を脅かす重篤な問題です。これらの疾患は、歯茎周囲の組織に影響を与え、進行すると歯を失う可能性もあります。その原因の一つに歯石があります。では、歯石とは一体何でしょうか?

    歯石は、口腔内に形成される固着性の堆積物であり、主に食物の残り物や唾液中のミネラルが結晶化して形成されます。この歯石は、歯垢(プラーク)が硬化してできたものであり、ブラシやフロスでは除去しづらいです。そのため、定期的な歯科検診やプロフェッショナルな歯のクリーニングが必要です。

    歯石が放置されると、それが歯周ポケットと呼ばれる歯茎と歯の間の隙間に蓄積し、細菌の繁殖を促進します。これにより、歯周病の進行が始まります。初期の段階では、歯茎が腫れたり出血したりすることがあります。これが進行すると、歯茎が後退し、歯槽膿漏として知られる感染が進行する可能性があります。

    歯周病治療は、その進行段階に応じて異なります。初期の段階では、歯科医は歯石の除去や歯周ポケットの清掃を行い、患者に適切な口腔衛生の手法を指導します。これにより、炎症が軽減され、症状が改善されることがあります。

    しかし、進行した段階では、より積極的な治療が必要となります。歯科医は、歯周手術や抗生物質の処方などの手段を使用して、歯周ポケット内の感染を取り除き、歯槽膿漏を治療します。さらに、定期的なフォローアップと定期的な歯科検診が必要です。

    歯周病と歯石に対する予防は、口腔衛生の習慣を含む健康的な生活習慣の一部です。ブラッシングやフロッシングを毎日行い、定期的な歯科検診を受けることで、歯周病や歯槽膿漏のリスクを最小限に抑えることができます。

    歯石と歯周病は、口腔内の健康に重大な影響を与える問題です。適切な予防と治療を行うことで、これらの問題を避けることができます。定期的な歯科検診と口腔衛生の維持は、健康な笑顔を保つために欠かせません。

    ブログ著者仁科歯科医院仁科歯科医院院長

    仁科真吾 

    https://www.nishina-dental.net/message.html

    pastedGraphic.png

    【歯周病の根本原因を知り、正しい治療を行うことで歯周病は改善できます】

    当院は歯槽膿漏菌(歯周病菌)を殺菌できる装置を持つ歯科医院です。

    ですので、歯周病の根本改善を目的としています。

    歯周病で悩む方の原因を探り、そのための治療を行うことで根本解決をしていきます。

    歯周病(歯槽膿漏)が改善できるサプリメントなどもよく見かけますが、それで改善できることは稀です。

    歯周病(歯槽膿漏)で硬いものをかめない、口臭が気になり口を開けて笑えない、話ができない

    そんな悲しい思いをしている方を一人でもなくしていきたい、力になりたいと考えています。

    歯周病(歯槽膿漏)は原因を知り、正しい治療をしていくことで改善できるものです。

    もし、あなたが歯槽膿漏(歯周病)でお悩みの場合は、歯周病専門の歯科医院などで恥ずかがしがらずにお気軽にご相談ください。

    京都市伏見区の歯医者仁科歯科医院

    口臭外来 いびき治療リフトアップ 歯周病治療 審美歯科 予防歯科

    〒612-8018 京都府京都市伏見区桃山町丹後10-4

    TEL:075-601-2675

    URL:https://www.nishina-dental.net

    口臭

    https://www.nishina-dental.net/section/halitosis/

    口臭専門サイト

    https://nishina-dental.net/breath/

    いびき軽減治療

    https://www.nishina-dental.net/section/snore/

    リフトアップ頬引き締めレーザー

    https://www.nishina-dental.net/section/liftup/

    Googleマップ:https://g.page/r/CdMtjTmnntjtEBA

    主な著書:

    相手を不快にする口臭を根本から解決する方法 

    pastedGraphic_1.png

    仁科歯科医院口臭に対する想い

    https://youtu.be/7jE8sM4tsEM

    仁科歯科医院歯周病治療に対する想い

    https://youtu.be/6j92OXntsps

    自宅でできる口臭ケアの要点

    https://youtu.be/aONMoJLMP9g

    フェイスリフト、いびき軽減治療

    https://youtu.be/pYky2X8YBpc

    レーザー治療口臭いびきリフトアップ動画

  •  歯茎が痛い

    2024.02.07 #口臭・歯周病治療
    京都 歯周病治療 歯医者 京都市 歯周病治療 歯医者 京都口臭歯医者 口臭外来 京都 口臭治療 京都 口臭ケア 京都 口臭原因 口臭対策

     歯茎が痛い

    京都で歯周病治療に力を入れている京都市伏見区桃山南口近くの仁科歯科医院です

    このブログでは歯医者で歯周病について聞くのが恥ずかしい方の参考になればと書いているブログです

    ご自身でも歯周病のチェックをできるようにリスト載せておきます

    歯周病セルフチェック

    歯茎が赤く腫れている

    歯と歯の間の歯茎が腫れぼったい

    歯茎が疲れたときに腫れやすい

    歯茎が下がってきた

    ブラッシング時に血が出る

    起きた時口の中がネバネバする

    歯が揺れる

    硬いものが食べにくい

    歯が揺れる

    前歯が出てきた

    口臭が気になる

    歯茎が痒い痛い

    歯と歯の間に隙間ができた

    歯が長くなったような気がする

    本日のブログ

    「歯茎が痛い!歯周病からの脱出を目指して」

    歯茎が痛いと感じることは、歯周病や歯槽膿漏などの歯周病の初期症状の一つかもしれません。歯周病は歯茎の炎症から始まり、進行すると歯槽膿漏と呼ばれる歯肉の下の骨が破壊される深刻な状態に至ります。本記事では、歯茎の痛みを感じる方々に向けて、歯周病と歯槽膿漏の症状や治療方法について詳しく紹介します。

    ### 歯周病の症状と原因

    歯周病は、口腔内の細菌が歯垢や歯石と呼ばれる堆積物を形成し、歯茎の炎症を引き起こすことから始まります。初期の症状は、歯茎の腫れや出血、歯茎が痛むことなどです。歯周病が進行すると、歯茎が後退し、歯槽膿漏と呼ばれる状態が発生します。歯槽膿漏では、歯茎や歯槽骨に膿がたまり、歯の周囲の組織が破壊される可能性があります。

    ### 歯周病治療と歯槽膿漏の対処法

    歯周病や歯槽膿漏の治療は、早期に専門医の診断と治療を受けることが重要です。歯周病治療の第一歩は、歯石や歯垢の除去です。歯科医によるプロフェッショナルなクリーニングやスケーリングを受けることで、歯周ポケット内の細菌や堆積物を除去し、炎症を抑えることができます。さらに、歯周病の進行を防ぐために、口腔衛生の改善や定期的な歯科検診が必要です。

    歯槽膿漏の対処法には、根管治療や歯周外科手術などの治療があります。根管治療は、歯の神経や血管が感染している場合に行われ、感染した組織を除去して歯を保存する治療です。歯周外科手術は、歯槽膿漏の進行を防ぐために、歯肉や歯槽骨の再建を行う場合に行われます。

    ### 歯茎痛の予防とケア

    歯茎が痛いと感じることを予防するためには、適切な口腔衛生が必要です。歯磨きやフロスを毎日行い、口腔内の細菌や歯垢を除去しましょう。また、定期的な歯科検診や歯科衛生士によるクリーニングを受けることも重要です。さらに、タバコやアルコールの摂取を控え、健康的な生活習慣を心がけましょう。

    歯周病や歯槽膿漏は、放置すると重篤な口腔疾患に進行する可能性があるため、歯茎が痛いと感じる方は早めに専門医の診断と治療を受けることをお勧めします。適切な治療と口腔ケアを行うことで、歯茎の痛みを和らげ、健康な口腔環境を維持することができます。

    ### まとめ

    歯茎が痛いと感じる場合は、歯周病や歯槽膿漏などの口腔疾患の可能性があるため、早めの診断と治療が必要です。歯周病治療や歯槽膿漏の対処法について専門医に相談し、適切なケアを行いましょう。健康な口腔環境を保つために、定期的な口腔検診と口腔衛生の維持が重要です。

    ブログ著者仁科歯科医院仁科歯科医院院長

    仁科真吾 

    https://www.nishina-dental.net/message.html

    pastedGraphic.png

    【歯周病の根本原因を知り、正しい治療を行うことで歯周病は改善できます】

    当院は歯槽膿漏菌(歯周病菌)を殺菌できる装置を持つ歯科医院です。

    ですので、歯周病の根本改善を目的としています。

    歯周病で悩む方の原因を探り、そのための治療を行うことで根本解決をしていきます。

    歯周病(歯槽膿漏)が改善できるサプリメントなどもよく見かけますが、それで改善できることは稀です。

    歯周病(歯槽膿漏)で硬いものをかめない、口臭が気になり口を開けて笑えない、話ができない

    そんな悲しい思いをしている方を一人でもなくしていきたい、力になりたいと考えています。

    歯周病(歯槽膿漏)は原因を知り、正しい治療をしていくことで改善できるものです。

    もし、あなたが歯槽膿漏(歯周病)でお悩みの場合は、歯周病専門の歯科医院などで恥ずかがしがらずにお気軽にご相談ください。

    京都市伏見区の歯医者仁科歯科医院

    口臭外来 いびき治療リフトアップ 歯周病治療 審美歯科 予防歯科

    〒612-8018 京都府京都市伏見区桃山町丹後10-4

    TEL:075-601-2675

    URL:https://www.nishina-dental.net

    口臭

    https://www.nishina-dental.net/section/halitosis/

    口臭専門サイト

    https://nishina-dental.net/breath/

    いびき軽減治療

    https://www.nishina-dental.net/section/snore/

    リフトアップ頬引き締めレーザー

    https://www.nishina-dental.net/section/liftup/

    Googleマップ:https://g.page/r/CdMtjTmnntjtEBA

    主な著書:

    相手を不快にする口臭を根本から解決する方法 

    pastedGraphic_1.png

    仁科歯科医院口臭に対する想い

    https://youtu.be/7jE8sM4tsEM

    仁科歯科医院歯周病治療に対する想い

    https://youtu.be/6j92OXntsps

    自宅でできる口臭ケアの要点

    https://youtu.be/aONMoJLMP9g

    フェイスリフト、いびき軽減治療

    https://youtu.be/pYky2X8YBpc

    レーザー治療口臭いびきリフトアップ動画

  • 歯の根元が黄色く見える

    2024.02.06 #口臭・歯周病治療
    京都 歯周病治療 歯医者 京都歯周病 歯周病治療 歯槽膿漏 歯周病 歯槽膿漏 歯周病治療 歯茎

      歯の根元が黄色く見える

    京都で歯周病治療に力を入れている京都市伏見区桃山南口近くの仁科歯科医院です

    このブログでは歯医者で歯周病について聞くのが恥ずかしい方の参考になればと書いているブログです

    ご自身でも歯周病のチェックをできるようにリスト載せておきます

    歯周病セルフチェック

    歯茎が赤く腫れている

    歯と歯の間の歯茎が腫れぼったい

    歯茎が疲れたときに腫れやすい

    歯茎が下がってきた

    ブラッシング時に血が出る

    起きた時口の中がネバネバする

    歯が揺れる

    硬いものが食べにくい

    歯が揺れる

    前歯が出てきた

    口臭が気になる

    歯茎が痒い痛い

    歯と歯の間に隙間ができた

    歯が長くなったような気がする

    本日のブログ

    歯の根元が黄色く見えることは、多くの人にとって気になる問題です。この現象は、歯周病や歯槽膿漏などの歯周組織の疾患の兆候である可能性があります。このブログでは、歯の根元が黄色く見える原因や対処法、そして歯周病や歯槽膿漏について詳しく説明します。

    まず、歯の根元が黄色く見える原因の1つは歯周病です。歯周病は、歯垢や歯石などの細菌性のプラークが歯茎と歯の間にたまり、歯肉炎や歯周炎を引き起こす疾患です。歯周病が進行すると、歯周組織が破壊され、歯の根元が露出して黄色く見えることがあります。また、歯周病によって引き起こされる歯茎の腫れや出血も、歯の根元が黄色く見える原因となります。

    さらに、歯槽膿漏も歯の根元が黄色く見える原因の1つです。歯槽膿漏は、歯周病が進行して歯槽骨に感染が広がり、歯茎から膿が出る状態を指します。歯槽膿漏が進行すると、歯の根元周辺の組織が壊死し、黄色く変色することがあります。

    歯の根元が黄色く見える場合、歯周病や歯槽膿漏を疑うことが重要です。早期に歯周病や歯槽膿漏を発見し、適切な治療を行うことで、歯の根元が黄色く見える現象を改善することができます。

    歯周病や歯槽膿漏の治療には、歯科医による専門的な治療が必要です。歯周病治療では、歯石の除去や歯周ポケットの掃除、歯茎の手術などが行われます。歯槽膿漏の場合は、抗生物質の処方や歯周外科手術が必要な場合があります。

    また、日常生活での歯周病や歯槽膿漏の予防も重要です。適切な口腔衛生を保ち、歯磨きやフロスを毎日行うことで、歯周病や歯槽膿漏のリスクを低減することができます。定期的な歯科検診や歯科衛生士によるクリーニングも、歯周病や歯槽膿漏の予防に役立ちます。

    歯の根元が黄色く見えることは、歯周病や歯槽膿漏などの歯周組織の疾患の兆候である可能性があります。早めに歯科医を受診し、適切な治療を行うことで、歯の健康を守り、美しい笑顔を保つことができます。

    ブログ著者仁科歯科医院仁科歯科医院院長

    仁科真吾 

    https://www.nishina-dental.net/message.html